ブログトップ

看護部長ブログ

17年ぶりの兵庫県透析従事者研究会

17年ぶりに兵庫県透析従事者研究会に行ってきました。
a0239418_15545411.jpg

透析センターのナース2人が足病変について発表しました。
a0239418_15571334.jpg
a0239418_1557271.jpg

2人ともフットケア指導士の資格をもち、日頃から熱心に透析患者さまの足のケアを
しています。
原稿の段階で見せてもらったのですが、パワーポイントを使っての発表は恥ずかしながら
今日が初めてです。
2人とも透析患者さまの足病変による切断に至らない為の考察を述べていました。
a0239418_1559890.jpg

a0239418_15583517.jpg
a0239418_15585931.jpg

a0239418_1641436.jpg

現場を離れている私でも聞いていてわかりやすく、引き込まれました。
発表を聞いていて改めて、透析センターのスタッフ全員が足並みを揃えて進んでいって欲しいと
思いました。
他の所の発表も足病変に関するものが続き、切り口、視点は違っていてもゴールは同じ、
お互いにディスカッションする場があればもっと現場に即したものになると強く思いました。
白石さん、野澤さん、発表、お疲れさまでした。
そしてこの会に参加するきっかけを作ってくれて有難う。
久しぶりに故郷に帰った気がしました。
a0239418_16172581.jpg

実は実は、私、35才~11年間、この研究会の運営に携わっていたのです。
ずっとこの会が継続するだけでなく、発展しているのを見て、本当に嬉しかったですね。
また、私が透析センターと腎臓内科の病棟を兼務していた時に新卒者として入職してきたナース
と受付で出会いました。
彼女は、現在、透析センターの責任者として、この会の運営委員として活躍していたのです。
2人の発表に頼もしさを感じ、会の発展・存続をこの目で見ることができたこと、新卒ナースの
成長を目の当たりに見ることが出来て何とも言えない幸せを感じます。
定年以降の勤務もいいもんですね。
頭の中はゆっくりですが何とかついていけそう、聞けば良いだけ。
感度は高いと自信があると自己評価、アンテナにかかれば、これまた確認すれば良いだけ。
まだもう少し頑張れるかな?
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-06 16:19

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31