病院機能評価受審

やっと病院機能評価の審査(3rdG:1.1)が終わりました。
5月25日、26日の2日間、3人のサーベーイヤーの方に審査していただきました。
審査結果は後日ですが、一応、審査が終了し、一区切りついてほっとしています。
今回で3回目の更新ですが、いつもながらその為の準備を2年以上前から進めてきました。
機能評価受審が決してゴールではなく、そこで求められていることを現場で進め、病院の質改善
に繋げることが受審の本当の目的であります。
準備期間は病院職員全員が長い、長い研修を受けながら実践していくという期間でした。
まだまだ、ぎこちなく、不自由なところはあるのですが、これが5年後には当たり前のこととして動いている病院であるよう頑張りたいと思います。
サーベイヤーの方が始めに言われた言葉が印象的です。
 「私たちはこの病院を監査などでなく、病院の質の改善を支援しにきた仲間と思って下さい」。
まさにその姿勢でサポートしていただきました。有り難いことです。
審査が終了した昨夜は、何とも言えない充実感と心地よい疲労感に浸らせてもらいました。
でも今日からは、研修で得た学びをエネルギーにして進んでいこう!
今まで受審に向けて、いろいろと助けて下さった方たちに感謝いたします。
本当にありがとうございました。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2016-05-27 15:55 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31