久しぶりの東京

先週、久しぶりに友人に会う為に日帰りで東京に行って来ました。
本当に久しぶりです。
一言でいえば、今の体力では日帰りはやはり、きつかったですね。
でも有効に時間は使えました。
40年前に1年間、表参道(原宿)の昔の古い看護協会の建物に住んでいたの
で、今は会館や周りの景色が、どのように変わったのか友人に会う前にちょ
っと楽しみに寄ってみました。
a0239418_17184896.jpg
看護協会の建物の外観は協会ニュースなどで見ていたので、すぐに分かりましたが、会館も表参道も何もかもが変わっていて改めて40年の長さを感じました。ちなみに協会の設計は、あの若尾文子さんの夫の黒川紀章さんです。
協会でお話しした方は、昔も今も変わらず何の違和感もなく満足。
また、欅並木の背丈が高く立派になっていたこと、原宿の駅舎もそのままで昔
の名残りに出会えホッとしました。
a0239418_17221888.jpg
a0239418_17223539.jpg
というのも町全体が、特徴のない店ばかりで人がやたらに多く、ごちゃごちゃ
した雰囲気になってしまい実際のところがっかりしました。
変わるということが、本物の良さ、そこにしかない良さ、特徴が残されていて欲しかったと思うのは時代遅れなのでしょうか?
三木市もこれからのまちづくりに、是非、三木の自然、文化、歴史、人を大切
にして進めていって欲しいと強く思いました。
たった1日の旅行でしたが、いたるところで感じたことや気づいたことがありま
したので、小出しにブログで取り上げていきたいと思います。
忘れないようメモっておきますね。
 1つだけ、おみやげをご披露。
   飛行機の冊子にあったクイズ
     問題: この■に入る漢字は何でしょうか?
          山■木空
                答えは次回に載せますね

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-31 17:26 | Comments(0)

8月の病院研修会

昨日、病院研修会がありました。
a0239418_15042967.jpg
今回はICTの山本看護部次長の発表でした。
感染防止の基本である手指衛生については、たびたび手洗いチェッカーを使
用して啓蒙活動をしてきたのですが、今回は新しい器械(ルミテスター)を使って仕事の現場に予告もせずに、突然ですが手指の汚れの検査をさせてもらいました。
また、その場で手洗いをしてもらい、どれくらい汚れが取れたのかも検査させてもらいました。
また、ある部署に1週間手洗い強化月間とし検査させてもらいました。
今回の発表では、その検査の結果とその考察についての内容でした。
今回使用した器械ルミテスターは食品会社でも使用されていて、数字として汚れ(ATP)が表示される優れものです。
a0239418_16082040.jpg
大切なのは、最初は汚れていたとしても、手洗い後に合格ラインの1000
以下になっていることなのです。
また、この器械は、どこにでも持ち運びが出来てすぐに検査し結果が見れるので、指導が現場ですぐに行えるのです。
すばらしい! 
このことだけでなく、ICTの活動により、確実に感染防止に対しての職員の
意識が変わっていっているのがわかります。
研修会終了後のアンケートをざっと見せてもらいましたが、やはり汚れが数字
で表れるで、より意識づけられたという記載がほとんどでした。
「患者さまを護るためにも」自分自身の手洗いの見直しにつながった研修会
になりました。
ICTのみなさん、発表の山本次長さん、有難うございました。
これからもご指導くださいね。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-26 16:10 | Comments(0)

病院に隣接している老健「サンスマイル三木」の夏まつりが先週の土曜日に
ありました。
病院からボランティアとしてたくさんの職員が参加させていただきました。
看護部の職員も法被を着て、屋台を担当。
たくさんの利用者さまとご家族の方がお越しになり、お祭りムードは施設内も
外も最高潮でした。
私は、フランクフルト担当で(実はフランクフルトは食べたことがなかったのです」
呼び込みが主でした。
「いらっしゃい、いらっしゃい、おいしい、おいしいフランクフルト、ドイツから
直輸入のフランクフルト、美味しいよ~~~」とノリノリ。
a0239418_19362794.jpg

でも私だけでなくみんな、笑顔笑顔で楽しんでいました。
すごいエネルギーです。
a0239418_19364749.jpg
a0239418_19370482.jpg
a0239418_19372216.jpg
a0239418_19373360.jpg
a0239418_19374546.jpg
a0239418_19380546.jpg
a0239418_19383282.jpg
a0239418_19385539.jpg
a0239418_19390313.jpg
a0239418_19392332.jpg
a0239418_19394252.jpg
a0239418_19400884.jpg
屋台はフランクフルト、おでん、たこ焼き、冷やしうどん、アイスクリーム、
飲み物、金魚すくい、魚つり、ようようつりなど本当に夏まつりです。
建物の
中では、盆踊り、太鼓、トランポリン踊り、などなど賑やかでお祭り一色です。
a0239418_19403287.jpg
a0239418_19405252.jpg
a0239418_19411359.jpg
a0239418_19413140.jpg
8月もあと少し、利用者さま、ご家族のみなさま、一緒に楽しませて頂き有難う
ございました。
サンスマイル三木のみなさん、いろいろとお気遣い頂き有難うございました。
楽しい夏まつりでしたね。
お疲れさまでした。
台風が2つ近づいてきています。気象情報にしばらく注意していきましょうね。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-25 08:00 | Comments(0)

口腔ケアの基礎と応用

先週の金曜日に看護部の研修会がありました。
a0239418_19074031.jpg
a0239418_19022964.jpg
言語聴覚士(ST)の山本先生に講師をお願いし、出来るだけ多くの方に参加
してもらいたくて同じ内容で2回行う予定にしています。
第1回目は、看護部だけでなく理学療法士の方やお隣のサンスマイル三木からも
参加していただきました。
口腔ケアが十分でなければ、誤嚥性肺炎の原因にもなります。
また、食べ物を十分に嚥下することも出来なくなります。
もちろん、コミュニケーションにも支障をきたします。
経口から食事がとれなくて経管栄養の方でも、口腔ケアは大切であります。
研修会は、口腔ケアの意義について共通確認の後、患者さまの設定をして、
患者さま役と看護師・介護者役の2人1組になって実習を行いました。
口の中の汚れを再現する為に、なんとオブラート3枚使用して上の歯、下の歯、舌に貼り付けました。
口の中がカピカピ、粘稠な痰がこびりついている状態で各自持参の歯ブラシ
を使用して口腔ケアを行いました。
a0239418_19031064.jpg
a0239418_19032795.jpg
a0239418_19034136.jpg
a0239418_19035232.jpg
かなりリアリティがあり、みな熱心に口の中と格闘していました。
もちろん、声かけを忘れないでくださいね。
今回の研修内容は、即、実践に繋がるものでした。
来週にも同じ内容を予定していますので、たくさんの参加をお待ちしています!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-24 19:13 | Comments(0)

猫好きな看護師さんよりニャンソウコウをいただきました。
a0239418_18363995.jpg
まだまだ我が家のひなちゃんは、私の手や足が少しでも動くとおもちゃとして
とびかかってきます。
また、私の体で爪とぎをするお転婆さん。
まだまだ生傷が絶えないので、これを貼って見せつけてやります。
わかるかな?
貼っている私が、このニャンソウコウの言葉に満足してしまうかも。
a0239418_18365920.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-21 18:40 | Comments(0)

高齢者への対応

昨日、新卒看護師への「高齢者への対応」の研修会がありました。
a0239418_17485040.jpg
担当は、内視鏡の本田主任。
昨年に引き続いての担当ですが、今年購入した「高齢者疑似体験グッズ」を
使用するのは初めてです。
事前に主任自身もフル装備して体験してから研修会に臨んでくれました。
もちろん、私も体験してみました・・・・。
結果は肥満がさらに動きを悪くして大変でした。
高齢者の患者さまの看護をするには、まずはどんなことが不自由なのかを理解
する為にグッズをつけてもらい疑似体験してもらいました。
a0239418_17480071.jpg
a0239418_17474182.jpg
 「白内障ってこんなに見えにくいのですね」
 「視界が狭くなっている上に腰が曲がっていると、さらに一部分しか見えないので危ない」
 「腰が痛い」「足が重く上がりにくい」「膝が曲がりにくい」「腕があがりにくい」
 など実感したようです。
多くの白内障の患者さまが手術をして実感され、言われる言葉に
「セビア色の世界が蛍光灯の世界に変わった」と。
それは私も50才の時に手術をし、この言葉を実感しました
看護師の看護が上記のような気持ちになって頂けたらなと思っています。
一緒に成長していきましょうネ! 
1年生、今がしんどい時だけどふんばりどき、ガンバレ!
a0239418_17481608.jpg


[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-20 09:00 | Comments(0)

先月、怪我でインターンシップに参加出来なかった高校2年生のOさん。
どうしても体験をと強い希望があり、ギブスもとれ普通に体重をかけても良い
と医師より許可も出たので、今週の月曜日から3日間受け入れさせてもらいました。
女の子ですがサッカー部で真っ黒、礼儀正しい素敵な学生さんでした。
病棟では、見学だけでなく実際に患者さまの体を拭かせていただいたりするなど
いろんな体験ができ充実した3日間だったと今日の修了式で一言づつかみしめ
ながら発表してくれました。
私たちもこの言葉を聞くと、受け入れて良かった、私たちも看護の原点に帰らされ、心が癒されます。
是非、是非、また会いたいですね。
これからの進路、じっくり考えて決めて下さいね。
と言いつつも、是非、看護師を目指して下さい。
三木山陽病院が応援していますよ~~~
3日間、お疲れ様でした。
a0239418_17142417.jpg
受け入れてくれた病棟、透析の皆さん、有難うございました。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-19 17:15 | Comments(0)

だまし絵で頭の体操

ここ数日、血圧が低く目で頭がシャキっとしません。また、物の見方が偏りがちな時、頭が固くなった時に、時々だまし絵で頭を耕します。
何度同じ絵を見ても、私には同じパターンの見え方になります。
最初に見えた絵、後から見えた絵、両方を交互に見ると、まさに頭の体操になります。
お気に入りのだまし絵ですが、皆さんにはどのように見えるでしょうか?

1 矢印はどちら向きに見えますか?
a0239418_18122137.jpg
2 両方の横の柄は同じ巾ですか?
a0239418_18124582.jpg
3 何と書いてありますか?ちょっとむつかしい?
a0239418_18131090.jpg
4 何と書いてありますか?
a0239418_18132516.jpg
少しは頭がほぐれたかな?
[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-18 18:20 | Comments(0)

いつもと違う誕生日

 8月10日、誕生日を迎えました。 獅子座です。
今までは誕生日というと、周りの人が私を祝ってくれる日と思っていました。
ですが、ここ数年前からは、この日に母が大変な思いをして私を産んでくれた
日であり、母親に感謝する日だと強く思うようになりました。
また、鏡に映る私の顔が、ますます亡くなった母に似ていっているのです。
確実に血が受け継がれているのを実感します。
母の生き方に恥じるようなことをしていないかと考えることも多くなりました。
亡くなっても常に母が傍に居て心地良い叱咤をうけているように思うのは
やはり年のせいなのでしょうか?
今回の誕生日を契機にいろいろと今後についての書類が送られてきました。
昨日、三木市から送られてきたのがこれです。
a0239418_13502384.jpg
a0239418_13504355.jpg
介護保険を受ける資格ができたのです。
また、映画館に行っても待望のシニア割引を受けることができます。
そして私のお気に入りの三木山森林公園の中にあるバイキング「デルパパ」
でもシニア料金になります。
いろんな特典を利用しつつこれから楽しみたいですね。
でも、健康には留意して病院のお世話にならないよう健康管理に力を入れたい
と思っています。
ですが、昨日から左の膝が痛くて湿布(4年以上前のものですが大丈夫そう)
とサポーター(猫の避妊手術用に買っておいたもの)で様子をみています。
1年に1度の定期検診まであと3カ月、目標は体重4キロ減です。
おやつ我慢して頑張ります!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-12 13:53 | Comments(0)

溜めこんでしまいました

7月後半から少しバタバタしてしまってブログご無沙汰してしまいました。
ブログを読み返すことで記憶が呼び起こされるので、簡単ですが、ここ数日
間の記録をしておくことにします。

7月29日から3日間、高校生のインターンシップがありました。
2人予定でしたが、直前にお1人が足首を傷めギブスの足になってしまったので
本人さんは残念がっていましたが、さすがにその足で看護の現場での職業
体験は無理なので、夏休み中のどこかで体験してもらうことにしました。
看護師をめざして体験を終えた3年生の学生さんから今日8月4日に御礼状
がちょうど届いたばかりでした。しっかりした御手紙でした。
落ち着いた、じっくりタイプの学生さんで、印象的だったのは、2025年に日本の
中で何が起こるのか、団塊の世代が75歳になる2025年。
学生さんが看護師になっているのなら丁度ナースとして経験6年目になっています。
「2025年って何?聞いたことがない」ことが、未来の自分と重ね合わせたことが、
とても印象に残ったようでした。
まだまだ知らない事がありますが、看護師を目指してまずは受験勉強、頑張
って下さいね。待っていますよ!
a0239418_14014575.jpg

先週は事故防止についての研修会が2つありました。
a0239418_19495709.jpg
a0239418_19501119.jpg
いづれも、事故にまでならない、ヒヤットしたりハットしたりすることについて
取り上げられていました。
大きな事故を氷山の一角に例えるのなら、水面下には巨大な氷があります。
その水面下の氷(ヒヤリハット)の内容を当事者以外の全員が情報を共有、分析し、大きな事故に至らないように対策を立てねばなりません。
また、その対策は、全員が守ってこそその成果が出せるものだと思っています。
研修会を担当して下さった安全管理委員さん、森下師長さん、これからも患者さまの安全に向けて頑張っていきましょう!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-08-04 14:12 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです