ブログトップ

看護部長ブログ

<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

火災訓練

年2回の火災訓練がありました。
今回は昼間で5階病棟のデイルームから出火した想定でした。
いつもながら
・出火場所の確認、大声で皆に知らせる
・消防署への通報
・初期消火
・患者の避難誘導

訓練とはいえ、けたたましいサイレンの中で迅速に行動するのは容易ではありません。
今回は、指示する看護師の声がいつもより大きく指示が的確でした。
患者さまをシーツで搬送する方法は、いつも足元はもたない事と言っていても、
やはり持とうとしていました。
a0239418_19071285.jpg
非常時だからこそ気が動転していて、違う行動になってしまうのでしょうね。
だからこそ、訓練が必要なのです。
訓練のための訓練にならないようにして欲しいと思います。
最後に消火栓からの放水訓練での笑顔、すてきだけれどこの時だけは禁ですよ。
a0239418_19112135.jpg
消防署の方からの総評は、お褒めの言葉ばかりでした。
この評価に満足するのでなく、もう一度、いや何度でも振り返って自分のものにして欲しいと思っています。
でも何よりも火を出さない事、病院では禁煙の徹底に尽きます。
患者さまと協力しあって、病院の安全を目指していきましょう!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-26 08:08 | Comments(0)

6月の病院研修会

6月の病院研修会が火曜日にありました。
a0239418_18284683.jpg
過去最高の150人の参加数でした。
サンスマイル三木からもたくさんの方に参加していただけました。
今回の担当は三宅副院長と長谷川医長のお二人でしたが主に長谷川先生に
講義と実演をしていただきました。
今回は道端で倒れていた人に出会った時、まず行動することは

1 まず人を集めること
   1人は救急車を呼ぶこと
   1人はAEDを持ってくること
a0239418_18293517.jpg
2 呼吸より胸骨圧迫(以前は心臓マッサージと言っていました)を優先
3 胸骨圧迫30回に対し人工呼吸2回の割合
  人工呼吸(マウスツーマウス)が抵抗あるのなら胸骨圧迫だけでも良い
a0239418_18300096.jpg
a0239418_18302118.jpg

4 AEDが届いたら、AEDの音声の指示に従うこと
  必要性も全てAEDが指示してくれます
a0239418_18303522.jpg


救急車が来るまでには約、7分~10分かかります。
その間は、自分達の勇気と行動が何よりも救命には必要です。

今日の主演女優は長谷川先生です。男前でもありました。
ますます好きになってしまいました。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-25 18:34 | Comments(0)

三木小野DMマネジメントカンファレンスでの学び

先日、三木小野DMマネジメントカンファレンスが小野のエクラでありました。

この会は、三木小野の医療機関に働くコ・メディカルを対象にしているので

むつかしい、むつかしい糖尿病の内容でもわかりやすく講演していただいたり、

それぞれの現場での糖尿病の患者さまへの取り組みの発表もあり、とても身近な研修会です。
いつも参加すると必ず一つは賢くなるのでほぼ毎回参加させていただいています。
それは私だけでないのが当院の職員の参加数が多いことでわかります。

今回は北播磨総合医療センターの糖尿病認定看護師さんの発表

「当院の糖尿病療養指導士の活動報告」

栄宏会 小野病院の理学療法士さんの発表

「高齢者糖尿病患者さんの運動療法」の発表がありました。

また、特別講演では市立伊丹病院糖尿病センター長の濱口朋也先生の

「チームで向上させる糖尿病治療のアドヒアランス」がありました。

今日の学び

 1 「地域糖尿病指導士(LCDE)」があることは知りませんでした。

兵庫県では2014年より資格の取得が可能となったそうです。

   当院の看護師にも是非、勧めてみようと思いました。

 2 「アドヒアランス」初めての出会い

「コンプライアンス」は医師の決定した方針を患者さまが遵守すること

の意味ですが、「アドヒアランス」は医師の指示に盲目的に従うのでなく、

患者様自身が治療の意味や必要性を理解し、自発的に医療に参加すると

いう意味だそうです。

これって今、医療の中で目指しているものですよね。

このことは、医師も含めて医療スタッフと患者さまとのコミュニケーションが
   より重要に
なります。
   勿論、医療スタッフ間でのコミュニケーションも同様です。
   忙しい中でも、よく聴き、話すよう頑張らなくてはいけませんね。

a0239418_19142674.jpg


[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-22 19:17 | Comments(0)

つばめのヒナ孵りました

病院の駐車場(サンスマイル三木の下)でつばめのヒナが4羽孵りました。
a0239418_15444190.jpg
a0239418_15450022.jpg
カメラを構えているのでなかなか親鳥は巣の近くには飛んでくるのですが、
警戒して巣にとまることができないのです。
ん?これって私が悪い?
少し離れると、警戒しながらも、やっと巣にとまってエサを与えていました。
a0239418_15451443.jpg
a0239418_15454564.jpg
速く大きくなってねと願うと同時に、ヒナたちのフンを頭に落とされないよう、
当分注意しなくてはいけません。
皆さ~~ん、頭上、注意して下さいね。
そして巣立ちをあたたかく見守りましょうね。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-20 15:53 | Comments(0)

病院の紫陽花

当院の2階に「やすらぎの路」という庭があります。
四季折々の花を楽しみながら歩行訓練をしたり、散歩するのも良し、入院患者
さまに楽しんでいただいています。
この写真は今朝の紫陽花です。
a0239418_12505780.jpg
a0239418_13180134.jpg
a0239418_13182273.jpg
a0239418_13183667.jpg
a0239418_13214473.jpg
朝早くから、渉外担当課の方が庭の手入れをして下さっていました。
ありがたいことです。
病院の奥の斜面も額紫陽花がきれいに咲いていました。
a0239418_13220364.jpg
梅雨も本番に入りますので、体調管理、しっかりしていきましょう!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-17 13:37 | Comments(0)

伽耶院の紫陽花

先週は、日本看護協会通常総会と交流会に3日間と日本看護倫理学会1日
に参加してきました。
体力的には、かなりこたえましたが頭と心は耕せました。
倫理と言うと難しそうに思っていましたが、日常的に感じていたことに通じる
内容ばかりでした。
つい最近の私の行動の中の問題も倫理に通じるものでした。
アサーティブな対応として思っていたことも倫理的観点からみると、それは
本当のアサーティブではないことも振り返ることもできました。
そんなこんなで、自然の空気に触れたくて、少しの時間を見つけて近くの伽耶院に行って来ました。
お目当ては、紫陽花です。
お寺迄は道が細くて、車の運転がちょっぴり不安でしたが、ラッキーなことに対向車がなく
無事に行けました。
夕方で人1人っ子いなくて、紫陽花、私1人じめでした。
a0239418_18075239.jpg
a0239418_18104742.jpg
a0239418_18105791.jpg
a0239418_18110970.jpg
a0239418_18112202.jpg
a0239418_18113292.jpg
a0239418_18114373.jpg
a0239418_18115576.jpg
なんと贅沢な時間、空間!
昨年よりさらに紫陽花が大きくなっているように思えました。
あと3日位が見ごろですね。
時間がある方は、是非、是非、行ってみて下さい、お勧めですよ。
最後のワンちゃんは伽耶院の「じゅんのすけ?」君です。
恵まれた環境で良かったね。
今週も頑張ろう!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-15 18:31 | Comments(0)

日本看護協会通常総会に行ってきました

平成27年度日本看護協会通常総会と職能集回に3日間、代議員として参加して
きました。
兵庫県看護協会北播支部の代議員として、約1000人の代表者としての参加です。
昨年は兵庫県看護協会の代議員として150人の代表として参加しました。
昨年と同様に、「しっかり理解すること」、「自分の考えを明らかにすること」に
集中して参加しました。
まだ、自分の意見を発言するところまでは到達出来ませんでしたが、日本の
看護師の専門職能集団が何を目指し、動いているのかを今度の北播支部会員
会で、しっかりと伝えられるようにしたいと思っています。
会場の写真を撮ったのですが、SDカードを入れ忘れていましたのでブログに掲
載出来なくて残念です。他の方の写真、お借りしました。
a0239418_18434736.jpg

北海道から沖縄まで全国から750人の代議員が出席し、一般会員の参加者を
含めますと約2500人の方が討議する会場は、それぞれの参加者が問題意識
を持つとともに現場で真剣に頑張っておられる空気に満ちあふれていました。
職能集会も含めて3日間、体力的には疲れましたが、気持ちの面、心では、
もっともっと、今のままでなく、頑張れねばと戒められたように思いました。
看護の原点に戻り、しっかり患者様の看護が丁寧に出来るよう努めたいと思いました。参加させて頂いて、本当に良かったと思っています。
日本看護協会会長の坂本すがさん、同じ年齢で直感で身近かに感じました。
坂本会長のブログ、お気に入りに登録しました。坂本すがブログ
今の私に求められる「簡潔明瞭」を目指したいと思います。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-12 20:24 | Comments(0)

どうして?

6月に入り、とても元気だったのですが、ここ数日、「どうして、こうなるの?」と
ちょっぴり悲しい気持ちになっています。
自分自身の能力不足が原因です。
今日、書類の間から私の好きな歌の歌詞がのった紙が1枚出てきました。
昔むかし、持っていたカセットテープにあった平野レミさんの歌です。
タイトルは「どうして」。
今の気持ちの大人の「どうして」とは違って子供の「どうして」の歌です。
少し口づさんでみると、固まった気持ちが、ゆるんできました。
a0239418_21095311.jpg
子供の気持ちに戻れたかな?

どうして   作詞作曲 和田誠

 空はどうして青いの   海の色が映るから
 海はどうして広いの   魚がいっぱい泳ぐから
 魚はどうしてはねるの  雲をそばで見たいから
 雲はどうして白いの   カモメが好きな色だから
 カモメはどうして飛ぶの 虹を渡ってみたいから
 虹はどうしてきれいなの 坊やが空に書いたから
 




[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-04 21:11 | Comments(0)

水無月に入って

 5月の後半はちょっと忙しかったですね。
でも予定の仕事を全部、終えることが出来て、ちょっぴり達成感が???
 さて、今日から6月、1年の半分に入りました。
a0239418_19051425.jpg
a0239418_19020749.jpg
暦では6月は「水無月」、水がない月って前々から変と思っていましたが、ネット
で調べてみると、簡単にその疑問は解けました。
ネットって本当に便利です。

 「水無月」の “無”は “の”にあたる連帯助詞だそうで「水無月」は“水の月”
とういうことになることが分かりました。
田植えの為に田に水を引く、張る必要があることから呼ばれるのだそうです。
神無月も同様で神様が集まる月、神の月ということになります。
長年の引っかかりのトゲがとれてスッキリしました。
こうゆうことって、本当に調べる気があるかどうかなのですよね。
それにしても、ネットってすごいです。
また、ブログを書いているお陰で、いろんなことにアンテナを拡げたり、調べて
みたりで勉強になり世界が拡がります。
でもフェイスブック、ラインまでには辿り着きません。
病院の周りの田んぼも水が引かれ始めました。
田んぼの美しさ、蛙の鳴き声、みずみずしい花とのこれからの出会いが楽しみ
です。
今、新しいカメラで師長さんたちの写真を撮りまくっています。
数打ちあたればで、なかなかプロ級?の写真が撮れています。
ですが、まだまだまぐれの段階です。
頑張ってまずは、撮りまくります!

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-06-01 19:06 | Comments(2)

三木山陽病院看護部長のブログです