ブログトップ

看護部長ブログ

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

新卒看護師の研修会

4月に入職した新卒の看護師2人。
病棟でプリセプターやスタッフに見守られながら頑張っている表情は明るい!
この表情を見るとホッとします。
5月の研修会は「人工呼吸器の使用方法」について、石井主任と井上主任が担当してくれました。
肺の役割、人工呼吸が必要な患者とは、自然呼吸と人工呼吸の違いなどと基本的なことから始
まり人工呼吸器のしくみや表示の意味へと進み、最後は実際に触ってみることをしました。
a0239418_17592924.jpg
a0239418_17594778.jpg
a0239418_18000692.jpg
a0239418_18002627.jpg
年々、講義がうまくなっている主任お二人さんとニヤニヤしている私、でも2人は私がいるのが嫌
なんだろうな~
用事があり、最後まで聞けませんでしたが、確実に成長している2人の主任、そしてしっかりついてきている
新卒看護師2人。このまま、このまま、じっくりと焦らず、歩んでいって欲しいと思います。
4月からまだ2カ月、されど頑張って来た2カ月、一歩ずつこれからも頑張れ! 


[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-30 18:02 | Comments(0)

5月の病院研修会

今回は、この2月にオープンした三木山陽病院居宅介護支援事業所の所長により
「居宅介護支援事業所」って何?どんな役割をする所?私たち病院職員との関わりは?
など、外の世界に疎い病院っ子が少しでも大まかであっても理解できるようにと依頼しました。
a0239418_17324564.jpg
内容から、30分と限られた時間にコンパクトにまとめるには、ちょっと時間が少なく申し訳なかったですね。
私が当院に来てすぐに、介護保険の「介」も分からない時に、市役所での「介護認定審査員」と
して参加することになりました。
最初は、チンプンカンプンでしたが、人間真面目に毎回40人位の申請の書類を事前勉強していくと理解出来るようになるもんですね。
また、私の母が在宅でサービスを受けることになり利用者として理解することにもなったこともあり、今日のお話しは、いろんな思いを巡らせながら「おさらい」することが出来ました。
研修会の中で今回、決定的にイメージがクリアになったものがありました。
 2025年、団塊の世代が後期高齢者になる時ですが、その時の医療・福祉の世界がどのよう
になれば良いのかイメージ出来ました。それがこの図です。
a0239418_17330955.jpg
この図の真ん中の道路は病棟の廊下、それぞれの家は病室、訪問看護ステーションはナース
ステーションなどと地域のある区域を病棟に置き換えて説明がありました。
「こぴっと」イメージがつきました。
病院から地域に拡げて理解することが一番必要なのは病院っ子なのだと確認出来た30分でした。
ちなみに、この図は当院の居宅介護支援事業所のオリジナルです。非常にわかりやすい!
最近、とみに思うのですが自分自身、理解するのが耳で聞くだけとか文字のみではとても難しく
なったことです。図式化することが今の私には一番理解しやすい。
皆さ~ん、私に説明してくれるときには、図式化するようお願いしますね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-30 17:41 | Comments(0)

想像の翼が広がります

素敵な紫陽花をいただきました。
a0239418_18415097.jpg
その名は「エリエールアニバーサリー」。
a0239418_18421020.jpg
エリエール?ティッシュペーパーのエリエール?
そうなんです。
今年、エリエールブランドが35周年を迎えるのを記念して、ティッシュペーパーのパッケージの
花がらをイメージして開発した「新種の紫陽花」だそうです。
紫陽花と言えば、霧の六甲山で咲いている紫の紫陽花が目に浮かびます。
部屋の中で紫陽花を楽しむのに何となく違和感がありますが、来る人来る人にネーミングについて一講釈をぶってしまいます027.gif
ちなみにエリエールの意味は、
 「elle:フランス語で女性」「air:フランス語で風」合わせた造語で「風の妖精」なのだそうです。
 爽やかな風に乗せてやさしさをお届けします

商品にかける思い、いかにネーミングするか、少し宣伝になってしまいましたが、「想像の翼」が
広がり、癒されました。
もちろん、紫陽花の花そのものにもです。
中学生の時に行った霧の六甲山での青い紫陽花、今年は行きたいなと思っていたところ、
今朝の神戸新聞に六甲山の高山植物園で「青いケシの花」が見ごろという記事がありました。
a0239418_18422568.jpg
中学生の時に読んだ医師:岩村 昇先生がお書きになった「青いケシの国」。
先生が18年間、ネパールでの医療に頑張っているのに憧れて看護師を目指したのは遠い昔。
正式名称は「メコノプシス・ベトニキフォリア」むつかしいね。やっぱり「青いけし」がぴったり。
ますます、六甲山、行ってみたくなりました。
想像の翼でまだまだ飛んでしまいそう012.gif

[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-21 18:48 | Comments(0)

つばめの季節

毎朝、駐車場でうぐいすの見事な鳴き声を楽しんでいます。
以前は、口笛でうぐいすの鳴き声を真似すると、たまに鳴き返してくれる時がありますが、
ここ数年は、口笛がうまく吹けなくなっています。これは練習不足?老化?
今朝、駐車場でつばめが頭の上を行ったり来たりするので、良く見ると、駐車場の壁に泥を
くっつけて巣作りを始めているのを初めて見ることが出来ました。まだ初期の段階ですが、
その壁の下は貴重な駐車スペース。
申し訳ないのですが、巣作りはちょっと遠慮してもらうことにしました。ごめんなさいね。
つばめについて調べてみると1つ発見!
病院と関係の深い救命救急士さんの職業団体のシンボルマークが「つばめ」だったのです。
ご存じでした?
a0239418_18071972.gif
明るい太陽のもとで、自由にのびのびと安心して暮らす人びと。
一般社団法人 日本救急救命士協会の目指す世界、迅速な救急医療サービスを行う姿勢を
やわらかいタッチで表現しました。

青い鳥は幸せのシンボルでもあります。鳥(ツバメ)は、すごく早く飛ぶ鳥として有名です。
シンプルなラインで誠実・改革・前進・躍進・活躍・羽ばたきを表現しています。
真ん中にある丸は、燦燦と輝く太陽と地球を表しています。
周りを囲むラインは、地球上どこへでもすぐに駆けつけ、日本や世界の安全を守り幸福・安心を
もたらすという意味もあります。
このデザインは、救急救命士に大事なスピード感をイメージしています。

つばめさん、ひとつ賢くなりました。ありがとう029.gif
a0239418_18074165.jpg
 
この写真はネットから頂きました。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-20 18:12 | Comments(0)

看護師さ~ん、待っていますよ

5月18日(日)13時~16時まで北播磨地域の合同就職説明会があります。
a0239418_19203619.jpg
開催場所は加西市で、三木からは少し遠いですが、学生さん、家庭に入って
いて就職活動を始めようと思っている方も気軽にお越し下さいね。
お会いするのを楽しみにしています。 待っていますよ~~
a0239418_19212247.jpg
a0239418_19214369.jpg
a0239418_19220240.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-16 19:24 | Comments(0)

5月12日は看護の日

今年も5月12日がやってきました。看護師にとっては特別な日です。

 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、国際看護の日を1965年から
5月12日に制定されています。
a0239418_18094760.jpg
「看護の日」制定の趣旨として
21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人
一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけと
なるよう制定されています。

この4月から診療報酬改定が行われました。
超高齢社会に向けて団塊の世代が後期高齢者を迎える2025年の医療・介護の提供体制の実現に向けて、より厳しい内容になっています。
日本看護協会の高島尚子さんは、 これから少子高齢化が進み、
「高齢者を2.6人で支える騎馬戦型」から2050年には「1.2人で支える肩車型」の社会構造になっていくと言われています。

こんな時代だからこそ、法の整備とともに助け合う心、優しさがもっと必要だと思います。

看護の日の昨年のキャッチフレーズ「看護が私たちを強くしてくれる」。
a0239418_18121393.jpg
今年は「看護は元気をリレーする」
a0239418_18110347.jpg
まさに、今の私達が目指すことですね。
  

[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-12 18:16 | Comments(0)

赤ちゃんの名前

2月に出産した看護師が赤ちゃんを見せに来てくれました。
何と3920グラムで生まれたという男の子で航介ちゃん。
お母さんは大きな赤ちゃんだった為、今も恥骨が痛くて治るのか愚痴っていましたが、
終始笑顔です。
入職した時は1人だった子供も当院で2人目、3人目と出産し、3人の立派なお母さんに
なっています。
明るくて、しっかり看護出来る彼女、戻ってくる時は、もっとたくましくなっていることでしょう。
楽しみです。
ちなみに2人目のお子さんは7月3日に生まれたので「ななみ」ちゃんと名づけたそうです。

 そのことを聞いて思いだすこと○○年前のこと。
仲良くしていた神経内科のドクター、大学で神戸大学の落語研究会、いわゆるオチケンに
入っていたユニークなドクターがいました。
芸名は「港家丑蔵(ミナトヤ ウシゾウ)」。神戸大学では歴代「港家」を名乗るそうです。
そのドクターは私の大事にしていた部下をしっかりゲットし結婚し、そのままアメリカに留学し
てしまいました。
生まれた第一子は男の子、名前は「エイトくん」、何でエイトくん?
 アメリカ、英語の国で生まれたので「英人くん」にしましてん、「ヒデトくん」でなくエイトくんでっせ。
日本で生まれた第二子は女の子、名前は「ななちゃん」。
これも彼流の落語的発想があるはずと聞くと
 始めが「エイト、8」なので8の前の数字を取ってラッキーセブンで7「ななちゃん」とのこと。
こんなすてきな○○先生の命名を今日、思い出して笑ってしまいました。037.gif

さて、私の家では、ひなちゃん、ますます私の体形に似て来ました。2人で運動がんばろう、ね!002.gif
a0239418_20322744.jpg


[PR]
by mikisanyo-hp | 2014-05-02 20:41 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31