ブログトップ

看護部長ブログ

<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

座右の銘?

昨日の神戸新聞、ええものを見せてもらいました。
a0239418_12441818.jpg

座右の銘とは、むつかしい言葉というイメージがあったのですが、この84才の女性の
座右の銘はわかりやすく、私の中にピッタリ入ってきます。
「仲良く、正しく、あかるく、ありがとう」何て簡潔で凝縮されたものでしょう。
「私の座右の銘は何?」なんて考えたことがなかったのですが、
いつも信条としていることは、あります。それが座右の銘?
「正直、笑顔 、誠実、優しく、明るく、大きな声で、人を悪く思わない、ヒトは必ず可能性をもっている」
などなどです。
ちょっと欲張りですね。もっとシンプルに絞り込みが必要です001.gif001.gif001.gif
a0239418_1375399.gif

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-31 13:10 | Comments(1)

食の安全から

「阪急阪神ホテルズ社長が辞任、食材偽装で引責」このニュースで世の中は騒がしい。
記者会見を聞いていて気になることがありました。
「2つのホテルのスタッフが統合することで和を優先して食材のチェック機能が甘かった」と。
この発言、すごく気になります。
職員の和と食材のチェックとは次元が違うと思うのです。
ホテルの食材仕入れ、および調理をする者は、その道のプロでなければならない。
美味しいものを作るのは当然プロではあるが、食材を正しく見極めることも含まれているのは
当然と思っているのですが。
そのこととスタッフの和とは、どこに接点があるのでしょうか?
 病院は治療する所ですが、患者さまにとっては24時間非日常的な生活の場でもあります。
3食の食事は、治療の一つとして位置付けられていますが、今必要な栄養だけでなく病気に
向かっていく心のエネルギー066.gifにもならなければならないと思っています。
また、食に対しての意識改革にも繋がって欲しいと強く思います。
病院食は美味しくないなんてでなく、「思っていたより美味しかった、美味しいよ」、
「美味しく感じることが幸せ」と言っていただけることを目指したいですね043.gif
美味しくて、安全な食事を私たちも栄養士さんたちと一緒にチャレンジしていきたいですね。
その為には、患者さまお一人お一人のご意見を丁寧に聞いていかなければなりません。
病院に勤務するプロとして和と安全、目指すものを混同していってはならないと考えています。
a0239418_18554859.jpg

今年も保育所の柿、いただきました。おいしいですよ。
写真は昨年の柿です。今年は写真を撮る前にお嫁016.gifにいっちゃいました。人気物です
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-30 19:01 | Comments(0)

二拝二拍手一拝

今日は、年2回ある病院での安全祈願のお祓い。
病院の裏に地元の小さな神社があります。
私はいつも「トトロの神社}と呼び、当院のパワースポットの一つとして紹介しています。
a0239418_1845568.jpg

親元は、三木市にある御坂神社。
a0239418_18425137.jpg

「あいにくの雨」と言いたいですが、先日の研修での雨の捉え方からすると
「しっとりした何もかも洗い流してくれる、リセット出来る良き雨」の中で厳かに行われました。
私、毎年2回も10年以上、参拝しているにもかかわらず、毎回、お参りの方法を忘れてしまうの
です。物覚えが悪いのは、年々多くはなっているのですが、それだけでなく、単に方法だけに
囚われて、その意味を解っていないことだと改めて思い、やっと、やっと遅らばせながら
その参拝の意味を調べてみました。
 二拝二拍手一拝
  二拝(再拝)とは・・・
   神道の言葉で「敬神」という言葉があります。それは「神を敬う」という内容の言葉です。
   だから普段、人間同士の行う挨拶は頭を下げますが、神様には、敬意を表してもう一度、
   頭を下げます。
 二拍手の意味とは・・・
   自分の願いを神様に伝える作法です。
   何気なく拍手をしていますが、拍手をする構えにも意味があります。
   先ず、両手を合わせて右手を下にずらし二拍手をして手を合わせます。
   何故、手をずらすのかと言うと「右手は体・左手は心」と考え、
   体を一歩下げる気持ちで神様に対し「敬い」思いを伝える。と言うことです。
 最後の一拝の意味は・・・
   自分のお祈りが終わり、神様に対し「今までの生活の感謝と今日からの生活の祈り」を込め
   て、締めくくりの挨拶となります。

なるほど、手をずらすなんて今までしてなかった。
ちょっと大きな態度をとっていましたね。
「知る、理解することイコール信仰すること」と捉え避けてきたのですが、そうではないと最近、
思うようになってきています。
科学だけでなく人間が生きてきた中での考え方、精神のあり方、哲学、文化心理学、文化人類学そして歴史などなどを理解することなのかな?信仰、宗教も然りかなと思います。
自分の中での狭い固定観念で物事を判断するのでなく、人間への興味、宇宙の不思議さなどまだまだ知らない事がいっぱい、知りたいなと思うようになっています。
先日の研修が影響しているのでしょうか? 
次回の参拝は敬謙な気持ちで臨みたいな、参拝の仕方もその意味がわかったので、
きっと忘れないと思うのですが・・・
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-23 18:57 | Comments(3)

こんなところにもみじが!

秋もひと雨ごとに深まってきていますが、まだ紅葉は色づいていません。
でも、今日、可愛い紅葉が!
a0239418_1985027.jpg

産休中のナースが赤ちゃんを見せに来てくれました。
赤ちゃんの手って握っているのが当たり前と思っていたのですが、最近は開いていることが
多いって聞いていたのですが、本当?!
昨年の当院の紅葉ですが、待ちどおしいな~
a0239418_1881336.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-23 08:00 | Comments(0)

楽しく学べました心のセミナー

この日曜日、病院を飛び出して管理者研修を行いました。
a0239418_182739.jpg

初めて、師長、主任看護師、主任ケアワーカー、主任メディカルクラーク、主任ORT総勢22人
集まっての研修会です。
みんなが日頃の勤務でさまざまな課題に直面している中で、知らず知らずに心も体も固くなっている
のではないか、もしそうだとすれば自分なりにリラックスしリセット出来るきっかけになればと思い今回の企画をたてました。
丁度、身近かに絶好の講師の方がおられお願いしたところ、こころよくこの趣旨で受けていただく
ことが出来ました。超ラッキーです。
場所も三木ホースランドという自然豊かな環境、あいにく(?)雨が降っていましたが、一日恵まれたところで研修を受けることが出来ました。
講師のお二人、松原先生と粂先生、とにかく明るい、言葉が分かりやすい、難しいことでも
すんなり心に入ってきます。
 人に優しく出来る為には、自分にも優しくできること。
 雨が降っていることも、水はいろんなことを洗い流してくれリセットしてくれる。
 だから今日の雨はあいにくではないのです。
 赤ちゃんは、親を選んで産まれてきている。親は選択された?
 この発想に驚きです。 でも素敵ですよね。
 紙芝居は子供のためだけではないんですね。私もやってみたくなりました。
a0239418_18544674.jpg

 自分自身のコミュニケーションの取り方は何を優先しているのか、その傾向は?
 視覚、味覚、体感、内部対話?
 イメージトレーニングとは何なのか?
 イメージトレーニングして実際にリラックスゼーションをやってみよう

時間が経つのも忘れてしまい、なごやかに研修を終えました。
まさに、「楽しく学べる心のセミナー」でした。
a0239418_18553488.jpg

「一つの物事を見るにしてもネガティブに捉えるのかポジティブに捉えるのか、自分の在りたい
姿をイメージをすると誰かにやらされているとかでなく、それに向かう事が楽しくなる」
本当にそういう人生でありたいですね。
まだまだ、自分との対話が必要であると実感しました。
アンケートやみんなの表情を見ていると、温度差はあるでしょうが、やっぱり、この研修会をして
よかった! エネルギーが少し充填されたと思っています。
そして、すてきな先生との出会いも私の宝物になりました。
さあ、みんなと一緒に力合わせて、楽しく今日も頑張ろう!
a0239418_18585942.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-22 19:06 | Comments(0)

今年も行ってきました三木のお祭り

 昨日、三木 のお祭りでも最大の大宮八幡宮の宮入に行ってきました。
80段の階段を各地区の神輿が次々と上がっていくのは、豪快そのもので、
力が思わず入ってしまいます。
前回は上から神輿が上がってくるのを見ましたが、今年は下から見ました。
すごい人、人で人にもまれながらの撮影です。
  いざ、出発!  みんな真剣です。
a0239418_11473660.jpg
a0239418_1147551.jpg

 階段めがけて、ヨイヤサ!ヨイヤサー! 頑張れ!
a0239418_11502436.jpg
a0239418_11504056.jpg

 次の地区の神輿もヨイヤサ!ヨイヤサー! 頑張れ!
a0239418_1151401.jpg
a0239418_11515683.jpg
a0239418_11521587.jpg

  鳥居まであと少し、ガンバレー ガンバレ!
a0239418_11522844.jpg
a0239418_11524228.jpg

 すごい!の一言です。
暗くなると運転が、ちょっとやばい008.gif008.gifのでここまで。
 三木市役所の駐車場に戻ると天体望遠鏡でお月さまを見せてくれる人と出会い、
煌々とかがやく月のクレーターをくっきり見ることが出来ました。
ラッキー!今日は少し疲れていたので祭りとお月さまで十分に癒されました。
疲れたお話しは、また後日に001.gif運転に関することです。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-13 12:06 | Comments(1)

絶対に起こしてはならない病院火災

とうとう、絶対にあってはならない病院での火災が起こってしまいました。
a0239418_20292570.jpg

亡くなられた患者さまの無念はいかばかりかでしょうか。
私たち病院に勤める職員は、年に2回~3回の火災訓練を受けており11月にも予定している
ところでした。
夜間の火災を想定しての訓練も今までありましたが、今回起きたことを含めて訓練計画を立てたい
と思っています。
その前に改めて、今日からこの火災を心に焼き付け、火災の原因になりうることを点検していきたいと思っています。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-11 20:31 | Comments(0)

期待しているよ!

看護学生2年生の老年看護実習の実習が9月から始まっています。
1グループ5人が5グループ順番に実習があります。
療養病棟で高齢者の理解と看護の実際を4~5日間で学ぶ実習です。
今日、実習が終了したのは2グループ目の5人。
実習初日にも一人一人、何を学びたいか語ってくれました。
今日も実習を終了して一人一人、学べた事を一生懸命に話してくれました。
a0239418_1648312.jpg

なかなか思いが言葉として出てこない、もどかしさがありましたが、それでいいんですよ。
これから頭を整理し、人にも伝えることが出来るよう目指していけばいいんです。
まだまだ、足らないところはありますが、一生懸命に患者さまのことを考えようと
した4日間であるというのが、ビンビン伝わってきました。
いい実習だったんだなと彼らの笑顔でも分かります。
今後、もっと患者さまのことを多角的に理解し看護を実感していって欲しいと思いました。
20年後の日本の医療は、貴方達が背負うんだと強気で言いましたが、本当に思っていることです。
期待していますよ!ガンバレ!
a0239418_1649859.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-09 16:50 | Comments(0)

インフルエンザ予防接種始まりました

インフルエンザ?
もう?早いと思われるかもしれませんが、病院の職員は全員、今週中に
予防接種を済ませる予定です。
また、実習中の看護学生さん、11月に予定しているトライやるウィークに来られる
中学生たちにもインフルエンザワクチンの接種を出来るだけしてもらうようにお願いしています。
インフルエンザの予防接種は、したからと言って完全にかからないというものではありません。
ですが、予防には確実に効果があります。
そして、例えかかったとしても軽くて済みます。
病院職員は自分達が感染源にならないよう、これからは各自、健康管理をより注意していか
なければなりません。
その第一歩が予防接種。皆さんも早目に予防接種してくださいね001.gif
私は、ここ数年、インフルエンザではないのですが、風邪をよくひきますし長引きます007.gif
今年こそ、風邪をひかないよう今までの生活を見直そう!

 食欲の秋、今年発売された三木のお煎餅、早速いただきました。おいしい!
a0239418_1984054.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-08 19:15 | Comments(0)

17年ぶりの兵庫県透析従事者研究会

17年ぶりに兵庫県透析従事者研究会に行ってきました。
a0239418_15545411.jpg

透析センターのナース2人が足病変について発表しました。
a0239418_15571334.jpg
a0239418_1557271.jpg

2人ともフットケア指導士の資格をもち、日頃から熱心に透析患者さまの足のケアを
しています。
原稿の段階で見せてもらったのですが、パワーポイントを使っての発表は恥ずかしながら
今日が初めてです。
2人とも透析患者さまの足病変による切断に至らない為の考察を述べていました。
a0239418_1559890.jpg

a0239418_15583517.jpg
a0239418_15585931.jpg

a0239418_1641436.jpg

現場を離れている私でも聞いていてわかりやすく、引き込まれました。
発表を聞いていて改めて、透析センターのスタッフ全員が足並みを揃えて進んでいって欲しいと
思いました。
他の所の発表も足病変に関するものが続き、切り口、視点は違っていてもゴールは同じ、
お互いにディスカッションする場があればもっと現場に即したものになると強く思いました。
白石さん、野澤さん、発表、お疲れさまでした。
そしてこの会に参加するきっかけを作ってくれて有難う。
久しぶりに故郷に帰った気がしました。
a0239418_16172581.jpg

実は実は、私、35才~11年間、この研究会の運営に携わっていたのです。
ずっとこの会が継続するだけでなく、発展しているのを見て、本当に嬉しかったですね。
また、私が透析センターと腎臓内科の病棟を兼務していた時に新卒者として入職してきたナース
と受付で出会いました。
彼女は、現在、透析センターの責任者として、この会の運営委員として活躍していたのです。
2人の発表に頼もしさを感じ、会の発展・存続をこの目で見ることができたこと、新卒ナースの
成長を目の当たりに見ることが出来て何とも言えない幸せを感じます。
定年以降の勤務もいいもんですね。
頭の中はゆっくりですが何とかついていけそう、聞けば良いだけ。
感度は高いと自信があると自己評価、アンテナにかかれば、これまた確認すれば良いだけ。
まだもう少し頑張れるかな?
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-10-06 16:19 | Comments(1)

三木山陽病院看護部長のブログです