ブログトップ

看護部長ブログ

<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

見いつけた、こんなところに

患者さま手作りのビーズのストラップ。
職員の胸によく見かけ、いつも私も欲しい、作りたいとうらやましく思うほど
手がこんでいて、良く出来ているのです。
a0239418_1918991.jpg

外来ラウンド時に発見!  あれ、こんなところに!
a0239418_19132513.jpg

ここは院長の診察室のシャーカステン
こんなに、ずらりとあるではないですか005.gif005.gif005.gif
それこそ「ジェ ジェ ジェ」です。
これから、どれだけ作品が増えていくのか、楽しみですね、院長先生!
本当は患者さまからの頂き物はしてはいけないのですが、
手作りのこれだけは、皆が嬉しそうに胸に付けて仕事をしている姿を見ると、
素直に、製作者である患者さまに感謝して「いただきます」001.gif001.gif001.gif
本当に有難うございます。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-31 08:00 | Comments(0)

野球部初戦勝ちました

昨夜、三木市にある7つの病院の野球の対抗戦が始まりました。
a0239418_12503469.jpg

仕事にて応援に行けず残念!
結果は12対8で勝利!よかったね041.gif041.gif041.gif
いつもの病院の姿もステキですが、
ユニフォーム姿は、光っています、かっこいい、りりしい、頼もしい、ナイッス!
長谷川さんの膝の汚れ、いいですね。
次の対戦まで体調を崩さず、皆さん頑張って下さいね。
フレーフレーMIKI SANYO、フレーフレーMIKI SANYO!
ガンバレ、ガンバレ、MIKI SANYO!
070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif070.gif
a0239418_12581464.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-30 13:06 | Comments(0)

ネコと犬の雨降りだ

この日曜日の午前中、三木市に大雨洪水警報が発令されました。
家のシャッターは雨が噴きつけるような激しい音が、いつもと違うと少し危機感を感じました。
幸いにも病院では特に雨による大きな問題はなかったですが、朝、出勤する人達は、
さぞ、ずぶぬれになって大変だったと思います。
日曜日もない365日24時間動いている病院、勤務している職員に、改めてありがたいなあ
と思います。
 話が変わりますが、「土砂降り」の言葉に反応して、若かりし頃、たぶん中学生くらいかな?
思いだしたことがあります。
その頃は、日本語以外に触れたことがなかったので、中学生の英語の授業が楽しくて
当時、中学生向きの雑誌で「中学生時代」だったと思いますがペンフレンドばやりで
ドイツ人とガーナ人の2人と文通することになったのです。
その2人のいづれかの文章に
 It`s rains cats and dogs がありその意味が分からず辞書で調べると「土砂降り」だ
と知りました。
長らく忘れていましたが、今回の大雨でこの英語の言いまわしを突然記憶が呼び戻されたのです。
 昔になかったネットで早速、語源をネットで調べましたので興味のある方は、
引き続きお読み下さい。
 直訳は「ネコと犬の雨降りだ」。  
 例文: It's raining cats and dogs. It's thundering, too.
     土砂降りの雨が降っている。 雷も聞こえる。
 もっとも知られている英語の慣用句の1つ。 しかしその起源は不明です
 1652年には It rains dogs and polecats. のような変形が記録されており, 
 It rains cats and dogs. という形は1708年に出版された『ガリバー旅行記』の作者
 ジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift)の Polite Conversation という
 決まり文句(cliché)を風刺した作品の中に見られるそうです。
 急な土砂降りで逃げ惑うロンドンの野良犬・野良猫の姿、 ネコが天気に影響を及ぼすと
 いう北欧神話をあげているようですが,今1つ説得力がありません。 
 単純に土砂降りの雨の音が犬とネコがケンカしている様にたとえられたするのが一番
 良さそうです。
 なお英語以外のヨーロッパの諸言語では悪天候を「犬の天気」と言うようです

土砂降りの翌日の朝、出勤時に秋の空気を感じました。
確実に季節は進んでいるのだと思うのですが、皆さん、体調管理油断しないようにね!
我が家の新入り「ひなちゃん」です。雨にも風にも無縁な箱入り娘です。よろしく!
a0239418_19102727.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-27 08:00 | Comments(2)

監査終了しました

 先ほど年に1回の加東健康福祉事務所(保健所)からの医療監査が終わりほっと
しているところです。
監査の結果は後日、文書で届きますが口頭評価では問題はなかったようで、ほっ043.gif
年に1度の定例医療監査、5年に一度の病院機能評価、突然にやって来る近畿厚生局からの
適時調査など、病院が適切に運営できているのか、質は保障されているのかを外部評価されます。
 いつも前回に指導頂いたことなど、速やかに対応し臨んでいるのですが、
毎回、やっぱり緊張しますね。
 ですが特に5~6年前から外部評価で感じるのは、評価者が批判やあらを探すのでなく、
冷静な目で親身になって関わっていただけることです。
 これは、私たちがスタッフを育てる時の姿勢と同じだと感じるのは甘い?
監査を1年に1回、自分達がしていることを見なおす良い機会、新たな目で見ていただける機会
と捉えるようになったのは、ちょっと成長したのかな?012.gif
とにかく、年を追うごとに、看護の責任者として病棟、外来、オペ・中材、透析センターの師長や主任
に任せて大丈夫と思えることに幸せを感じます。本当に感謝です。
でも、日々の評価は患者さまがすることです。これが一番大事な評価者。
患者さまからの温かい評価を増やせるよう、これからも一緒に頑張りましょう!
 この花は、ずっとけなげに頑張って咲き続けているセントポーちゃんたちです。
そんなに頑張りすぎなくていいよ、休んでもいいよと言いながら 日々、癒されています。
a0239418_18195925.jpg

おまけ、今年の誕生日にいただいたプレゼント、可愛いいね053.gif
a0239418_18395980.jpg

 
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-26 18:41 | Comments(0)

サンスマイル三木の夏まつり

昨日は病院に隣接している老健「サンスマイル三木」の夏まつりにボランティアで参加しました。
a0239418_18424031.jpg

たくさんの利用者さまやご家族、そしてサンスマイルのスタッフ、病院スタッフのボランティア、
保育所の子供たち、仕事帰りの病院スタッフで、熱気むんむん、
私も、めいっぱい楽しい時間を過ごせました。
開会の挨拶は施設長の岡田先生、病院の副院長でもあるのですが今日は、とびきり可愛い!
a0239418_19173126.jpg

玄関でお出迎えはこの子たち(敢えてこの子)
おでん担当者たち  わたしの大好きな卵ちょっと味見、色の薄さの割にはおいしい043.gif
a0239418_18435372.jpg
a0239418_1844681.jpg

かき氷、ドリンク係 天気があいにくでしたが、売れいきは上々?
a0239418_1846015.jpg

そしてやきそばは? 担当者不在、残念!
中に入ると「ヨウヨウ釣りと金魚すくい」はいつのまにか子供たち
a0239418_18485769.jpg

このごろの金魚すくいは、いろんなものが入っていて宝石みたい
a0239418_18491226.jpg

病院の勤務を終えた子たちもイエ~イ! この笑顔、患者さんにね。
a0239418_1853693.jpg

そして、まつりのメインの盆踊りでお出迎えは浴衣の似会うお二人さん!
a0239418_18533152.jpg

盆踊りは、お越し下さったみなさんの手拍子に合わせて、うつくしい!楽しい!
ひょっとこのおじさんは、一見怖そうですが、やさしいボランティアの方
a0239418_18555542.jpg
a0239418_1856664.jpg

ユニットマネジャーの踊りは、胴にいったもの
a0239418_18584433.jpg
a0239418_1859121.jpg

それにつられて、みんな踊りの名手みたい、すてき、ステキ
a0239418_18595890.jpg
a0239418_1901115.jpg
a0239418_1902867.jpg

a0239418_1922078.jpg

最高にのっています、踊れ、踊れ、踊れ、
a0239418_1905220.jpg

a0239418_19422766.jpg

そして利用者さまは、一円落としに挑戦、これは水の中のコップに一円玉を入れる
のですが、なかなか難しい。
水中のコップの大きさがいろいろあってもいいんじゃないかな(負け惜しみ)
次回、よろしくご検討下さい。
a0239418_197634.jpg
a0239418_1972458.jpg

的当ては、的にボールを3回投げて倒した数プラス参加賞で「うまかん棒」がその本数当たり
これは、人気でしたね。利用者さまは、昔、甲子園選手のように命中率が高い方もあり
皆さんの嬉しそうなお顔は童心そのもの、一緒にはしゃいでしまいました。
子供たちも、ちょっとズルをして超接近でたくさんの「うまかん棒」を獲得
a0239418_19122997.jpg

金魚すくいも利用者さま挑戦、上本主任の優しさマジックで金魚が何匹もすくえている
a0239418_19131864.jpg

まだまだ、まつりは賑わっていますが、私は監査の最後のあがきで準備の為、退散。
 今日は楽しい時間が過ごせtました。サンスマイルのみなさん、有難うございました。
 病院職員のボランティアさんも今日は楽しかったね。003.gif003.gif003.gif
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-25 08:35 | Comments(0)

看護部研修会盛況でした

昨日夕方、看護部教育委員会主催の研修会がありました。
a0239418_13163514.jpg

講師は、三木市民病院で皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC)として活躍されている
森田順子先生です。
今、三木市民病院さんは、北播磨総合医療センター10月開院に向けて、何かとお忙しい時
期なのにあつかましく研修会をお願いしてしまいましたが、快よく引き受けて下さり感謝です。
 当院で2年前に外科診療が始まり、今年から外科医が3人体制にもなり人工肛門(ストマ)造設
する患者さまに術前、術後、退院に関わる機会ができました。
外科が始まる前にも、ストマをつけた患者さまの入院は何人も対応してきましたが、当院で手術
をする患者さまに看護師として対応するのは初めてです。
 今年度の看護部の研修会は、スタッフの要望の高いものを優先して計画しました。
一番希望が多かったのは、やはり「ストマ造設患者さまの看護」でした。
事前に「ストマについての理解」の研修会をを2回行い(70人以上の参加)
今回の研修会に繋げました。
期待度はかなり高く、今回の森田先生の研修会を本当に皆、楽しみにしていました。
初めてお会いしたのに、以前からの知り合いみたいなにきさくで素敵な森田先生。
声が大きいのも私としてはさらに親しみがわきます。
a0239418_13421698.jpg

講義の内容は、何とか限られた時間の中で全ての事が網羅されたものでした。
締めくくり、まとめでは
「オスメイト(ストマをもってる方)一人一人の状態に応じてオスメイトとともにケア方法を
 検討し、その人らしい生活がおくれるように支援することが大切」

たくさんのことを教えていただきましたが、このまとめを前提に看護していくことだなと納得。
とにかく時間が短いのに私たちの要望が多すぎて、きっと先生を悩ませたんだなあと反省。
ですが、ですが実際の物品を手にとって確認することも、成功例だけでなくうまくいかなかった事例も盛り込まれた本当に満足のいく研修会でした。
a0239418_13414261.jpg

とにかく、今回学んだことを現場で活かせれるよう頑張ろう!頑張って!
 講師の森田先生、本当に有難うございました。
 どうぞ今後とも御指導よろしくお願いいたします。
そして教育委員さんたち、事前打ち合わせ~当日の先生へのアシスト、後片付けまで
よく頑張り、良い経験ができましたね。満足です。
 さて、月曜日は定例の医療監視、良いエネルギーが充電できました。頑張ろう001.gif
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-24 14:20 | Comments(0)

甲子園球児の母より

明日は高校野球の決勝戦、本当に暑い、熱い毎日でしたね。
兵庫県代表、西脇工業高校の昔ながらの少しづつ点を取っていく頑張りの試合も
派手ではないですが、誠実、着実、堅実さを目の当たりにした試合だったと思います。
選手はもちろんですが、彼らを支えてくれたご家族も今回の経験は、人生で一生
忘れられない宝物ですね。
a0239418_1551918.jpg

これは本当に選手がかき集めた砂を瓶につめた甲子園球場の砂、宝物です。
a0239418_156410.jpga0239418_1563560.jpg
















西脇工業高校野球部の皆さん、本当にたくさんの感動を有難う!
西脇工業高校のレギュラー選手の母親、真っ黒に日焼けした化粧っ気のない
森下師長より一言、二言。
部長のブログにお邪魔します。
 この度は、息子の甲子園出場に際し、本当に想像を超えるたくさんの方々から
 「おめでとう!」「感動したよ!ありがとう!」と声をかけていただきました。
 また、不覚にも当人が膝を傷めてしまった時にも何とか出場できるようにと何人もの
 方が出来る限りの支援をして下さり、心を砕いて下さいました。
 さまざまな形の優しさに触れ、息子も私たち家族も皆様のお陰で本当に幸せでした。
 私自身も皆さまのように温かい人間でありたいと思える貴重な体験をさせていただけたと
 思っています。
 本当にに有難うございました。 この場を借りて、お礼申し上げます。

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-21 15:16 | Comments(0)

こゆりさんのイラスト

三木市って本当に魅力的な方が、本当にたくさんおられますね。
その中のお一人、三木市出身のイラストレーターこゆりさん、ファンです。
三木市のキャラクターを以前に載せましたが、9月1日(日)に市総合福祉センターで
開催される「健康づくりの集い」のポスターに新作品が登場しています。
a0239418_1383126.jpg

ちなみに以前の作品は、これ↓
a0239418_1327418.jpg
a0239418_13283447.jpg

こゆりさんにいつも癒されてしまいます010.gif010.gif010.gif
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-20 13:22 | Comments(0)

いのちのスープ

昨日、三木労音の方から「天のしずく~辰巳芳子のいのちのスープ~」上映会のチケットを
手に入れることが出来ました。
料理研究家の辰巳さん(御歳89歳)はNHKのインタビューで少しだけ見たことがあり、
人柄、考え方、優しい言葉、物腰などとても好感をもちました。
 脳梗塞で倒れ、嚥下障害により食べる楽しみを奪われた父。
 その最後の日々を、母と娘が工夫した様々なスープが支えた。
 それがいのちのスープの原点だった。

2年前に亡くなった母も食べれなくなり本当に命の危機感を抱きながらあがいた時期がありました。
親子で食べることで戦った、たくさんの小さなすりこぎは今も残っています。
わたしの料理の腕がもっとあったら、悔みます。
もっと早く辰巳さんのスープに出会いたかったですね。
 病院には、たくさんの嚥下障害や病気で食べることができない患者さまがおられます。
食に対する新たなヒントを得たい、
そしてすてきな辰巳さんとの2度目の出会いに心ときめかせています。楽しみです。
a0239418_1848247.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-14 10:17 | Comments(0)

コンペイトウ奥が深い

私の大好きな「ムジカ・ドルチェ」さん
チェロとピアノのお二人、三木、小野では超有名人です。
お二人の音楽は、癒しそのものです。
その「ムジカ・ドルチェ」さんのブログからすてきなサイトを見つけました。
a0239418_2042459.gif

ちょっと紹介しますね。
本当は、そのサイトにリンクできれば良いのですが、そこまで能力的に・・・無理
その中の写真を貼り付けますので、興味のある方は、直接見て下さい。
a0239418_1958123.jpg

メロディが分からないのですが、歌詞だけでもコンペイトウの世界にドップリ
まずは、コンペイトウのルーツ
a0239418_2005100.gif

つぎはコンペイトウが出来る工程
a0239418_2005486.gif

先日の「たけのこの里」「きのこ山」の戦いの反響が大きかったので、三木や病院と関係が
ないのですが、お口直しにどうぞ001.gif
[PR]
by mikisanyo-hp | 2013-08-13 12:00 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31