ブログトップ

看護部長ブログ

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

研修会「ストップ!誤薬」

今日、看護部教育委員会主催、経験3年目以上のナースを対象にしたリスクマネージメントについての研修会を行いました。
a0239418_1646322.jpg

与薬、点滴についてのヒヤリ・ハット2事例を通してその原因と対策についてグループワークしました。
各グループともに的をしぼり、ズレずに発表出来ていました。GWの時間が少し短かったね。
a0239418_1712844.jpg

今日のような話し合う時間を現場でもっと意識して時間をとることが必要であると痛感しました。
構えることなく日常的に「こうすれば良い、こうして不具合があった」など話し合える職場つくり頑張りたいね。頑張ろう!
 今日の私のコメント
  1 薬は毒であること。
    毒の作用でプラスになる人には有益であるが必要でない人には毒である。
  2 何故、この薬が必要なのか、患者さまの理解をすること。
  3 人を信じないこと。そして自分をも信じないこと。
    信じるにはダブルチェック?トリプルチェック?
      違う人によるダブルチェックは却って危険。
      自分で自分自身をダブル、トリプルチェック出来るよう自律すること。これが基本。
      最初から他人を頼ってはいけない。
  4 ルールを守ること。1回でも、1人でも守らなければ事故に繋がる。
    ルールの自己解釈はない。
忙しい現場であるからこそ、職場の傾向、自分の傾向を知ることがまず必要であると思います。
そして、例え本人が抜けたとしても必ずひっかかるシステム作りをたくさんの人の意見を聞き進めていかねばと思いました。看護管理者としての課題です。がんばろう。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-11-30 17:23 | Comments(0)

11月の病院研修会

毎月、病院職員全員を対象にした病院研修会が先ほどありました。
今日のテーマと担当者は、このとおりです。
a0239418_18391175.jpg

「感染の見方」という非常にあいまいなテーマでお願いしたのですが、みごとにテーマを絞り込み、講義の内容は身近であり、なおかつ一歩二歩踏み込んだもので決して難しさを感じさず、自然に体全体に入っていくものでした。褒めすぎではありません。
絞り込みのテーマは「感染症の高齢者にどう向き合うか」
 内容をざっと紹介すると
  1 発熱と高体温とは別、 
     しっかり観察してみよう。体に触れてみて、頻脈になっていないか、呼吸数は多くないか
     小説臨場から抜粋 「拾えるものは根こそぎ拾ってやれ」観察しつくしたかですね。
  2 診断前にまず熱を下げよう。
     但し、感染症の高齢者には余力がない。どのようなことが体の中で変化が起こっている
     のか、そのメカニズムをしっかり理解しておくことが必要。
      循環血液量の低下、アルブミンの低下念頭におくこと。
  3 治療について
     「初動全力」「大きく構えて小さく治める」発熱している時が最悪の状態であるので
     いかに早く、速く、対応するのかを看護師も一緒に対応すること。
     これはインフルエンザ、ノロウイルスも同様。感染拡大を最小にする為の初動全力絶対に必要。
  4 岡本先生の想い
     「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」
     強くは如何に患者さまに向き合う時に自分自身の知識や技術を高めていくかであり、
     さらに誰に対しても優しくなければならないとご自分に問いかけておられる言葉を紹介さ
     れました。
     そしてそのことは当院の理念である「心と技術の調和した優しく信頼される病院に」を
     目指したいと締めくくられました。
合田流の解釈、言葉に変えているところがあるのですが、研修が終了してからも温かいものが余韻と
して残りました。
難しい内容でも難しく感じさせない研修会、心の余韻を残せるような講義が出来るよう私も目指したいと思いました。
岡本先生、今日は有難うございました。 
               
 
    
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-11-27 19:21 | Comments(0)

楽しみな中学生

5日間のトライやるウィークが終了しました。
4人とも体調を崩すことなく頑張っていました。あっぱれです。
a0239418_19181236.jpg

毎日、新しい体験ばかりできっと緊張の連続だったと思いますが、日誌には楽しいことばかりが書かれているのを読ませてもらいほっとしました。良かった!
看護師志望ばかりの4人でしたが、最終日には「理学療法士になりたい、かっこいいいです」と考えを変えた人がいました。
私の中の狭い心の声「看護師もかっこいいのになとちょっぴり残念」、広い心の声は「医療の世界には患者さまを取り巻くさまざまな職業があるので、早くから決めてしまうのでなくじっくりと将来の道を決めていいのだよ」と言いたいですね。
最終日の今日の振り返りの話し合いで、少し恥ずかしがりの学生さんが「いつも下を向いていたけれど、これからは相手の目を見て話せるようにします」と本当にまっすぐに顔をあげて言ってくれました。頼もしい。
また、みんな、患者さまの役に立ちたい、笑顔にさせたい、自分達が言われて嬉しかった「有難う」という言葉を言われるようになりたいと、自分の言葉で話してくれました。
そう、そうなのよ、この気持ち、この気持が大切!今回の収穫です。私も満足です。
みんな、今から大人になるまでに出会う人、ご両親、お友達、先生などにこの気持ちで接して欲しいです。
是非、是非たくさんの有難うに出会ってくださいね。
今日の午後一番に、この5日間でたくさん出会った人達に、白衣を着て挨拶に行きましたが、時間が悪かったですね、検温に行っていたり、患者さまのリハビリをしていたり、会議などで各部署はみんな空っぽ。
これは、この時間を計画した私のミスでした。ごめんなさい。来年は注意しますね。
承諾をいただき4人の写真を紹介させていただきます。
この青空のように澄み切った心で大きく成長していってくださいね。
5日間、お疲れさまでした。
a0239418_1956159.jpg

a0239418_19523379.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-11-16 20:12 | Comments(0)

トライやるウィーク始まりました

今日からトライやるウィークが始まりました。
中学2年生の可愛い4人です。
a0239418_162729100.jpg

4人とも将来、看護師を志望し嬉しいのですが、病院の中では看護師だけでなく、たくさんの職種の人達が患者さまのことを考えて頑張っていることをしっかり見て欲しいと思っています。
5日間、迎え入れる側も緊張しますが、楽しみでもあります。
殻つきひよこさん、体験の姿勢の基本は、「優しい心、思いやり、謙虚さ」です。
5日間、体調を崩さず、たくさんの体験をしましょうね。

今日は中学生以外に看護学生さんも3年生、2年生合わせて11人が実習に来られています。
若いパワーに負けないで私たち看護師も頑張りましょう!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-11-12 16:47 | Comments(0)

保育所の子供たち(お弁当編)

保育所の遠足の写真が掲示されました。
a0239418_1350946.jpg
a0239418_13502411.jpg

いつもながらママさんたちのお弁当は感心します。私も誰か作ってくれないかな~。
a0239418_135445.jpg
a0239418_13542246.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-11-09 13:55 | Comments(0)

スマイル保育園

久しぶりにスマイル保育園の子供たちを紹介しましょう。
今月の掲示板です。
a0239418_18195658.jpg

a0239418_1820226.jpg

いつもながら保育士さんの発想に脱帽です。
タイムカードを押しながらみんな楽しんで見せてもらっています。
保育園もまだ少しハロウィンの飾りつけが残っています。
a0239418_18225632.jpg
a0239418_18231860.jpg
a0239418_1823328.jpg

a0239418_18244533.jpg

年のせいでしょうか、ハロウィンはなかなか馴染めませんが、子供たちにとっては楽しみな行事になるのでしょうね。保育園のこと覚えていて欲しいですね。
大分、朝晩、冷え込んできました。
しっかり手洗いとうがいとインフルエンザのワクチン接種をし秋の紅葉、クリスマス、お正月を元気に迎えましょう!
ちょちょっと、せわしすぎましたね。時間の早送り、巻き戻します。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-11-05 18:38 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30