病院に隣接する老健サンスマイル三木の夏祭りにお邪魔しました。
看護の責任者は滝本マネジャー、介護は田之上サブマネジャーで共に
病院で働いていた仲間です。どちらも老健とはなんぞやから始まり
今年7月で3年目になります。本当この間、よくぞここまで頑張って来たと頭が下がります。
人徳でしょうね、良い仲間が集まっています。
めったに顔を見せない私でも皆、優しい、癒されます。
今日は、たくさんの利用者さまとご家族、ボランティアの方々、職員とその子供さんたち、
スマイル保育園の子供たちとそのお母さんたち(病院のスタッフもいます)。
たくさんの人の熱気にあふれています。
入口は、やきそばとクリームカステラでお出迎え。
a0239418_1555468.jpg

早速、やきそば頂きました。
料金は?「笑顔で結構です」と何とすばらしい回答、有難うルンルン。
迎えてくれた田之上主任介護士とスタッフのゆかた姿、バッチシです。
a0239418_1558965.jpg

会場の提灯は、利用者さまが貼ってくれたくれたもの、すてきですね。
a0239418_155978.jpg
a0239418_15592313.jpg

中ではボランティアの方が太鼓と踊りで、その音はお腹に響き、力が湧きあがってくるのです。
すごい迫力です。
利用者さまも手を叩いて楽しんでおられました。
a0239418_164758.jpg
a0239418_1642818.jpg

病院のナースもお子さんと楽しんでいます。はいピース!
a0239418_1653179.jpg
a0239418_1654850.jpg

子供たちは、ようよう釣りでハイテンション、収穫を見せて大満足。
a0239418_168882.jpg
a0239418_1682939.jpg

まだ、まだと頑張っています。袖をぬらさないでね。
a0239418_1692988.jpg

私にも猫のようようをいただきました
a0239418_16252572.jpg

会場では盆踊りがたけなわ、皆踊っています。屋内ですがやはり夏ですね。
a0239418_16105777.jpg

今日は、たくさんの笑顔、やさしさ、力をいただきました。
有難うございました。皆さまの健闘に脱帽。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-26 16:26 | Comments(0)

以前に紹介しました三木出身のイラストレーターこゆりさんのブログより抜粋。
じゃじゃじゃじゃーん!
こゆり作キャラクター、播州三木打刃物の
金物キャラクターちゃんたちがストラップになりました!

a0239418_13422262.jpg


a0239418_13534443.jpg
a0239418_1354747.jpg

細かい線も忠実に再現してもらってます!
1体380円
三木市観光協会で販売中です!
お問い合わせは三木市観光協会まで!


すごい!これは、三木市のキャラクターとしてPR出来るものですね。
明日日曜日、早速買いに行きます。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-25 13:45 | Comments(0)

メンバーシップ研修

今日は、卒後2年目から3年目のナースのメンバーシップについての研修会でした。
a0239418_18554328.jpg

1グループ5人で与えられた条件で仕事を達成出来るように協力し合うことで
自分の特徴、傾向、関わり方などを振り返る研修です。
この研修は、私の好きなゲームを使用します。
かれこれ25年前からこのゲームとの付き合いなのですが、ゲームが達成した時は
ほとんどの人が「ヤッター!」と笑顔で手をたたいて盛り上がります。
逆に達成出来なかったグループは少し落ち込みますが、この研修会の目的はあくまでも
「出来た、出来ない」の結果ではなく、協力し合っている時の自分がどのように
参加しているのか振り返り気づくことにあるのです。
ですが、今日は、あの達成感が得られたらとちょっぴり甘く、スペシャルヒントも準備。
グループワークでの約束
  3つの気を出して下さい。
    元気・・・元気を出せば声や態度、行動も意欲的になります。
         あなたが元気を出せば周りの人も元気になります。
    勇気・・・初めての体験も照れずに恥ずかしがらずに、恐れずに、一歩前に出る
         積極性、冒険心を持ちましょう。
    本気・・・課題に対して真剣に取り組むと邪念に邪魔されずに面白くなります。
         また、本気で取り組むと楽しみが出て、誰かが助けてくれます。 
 
さあ、スタート、制限時間30分です。
グループ全員が3枚の紙片で同じ大きさ、形を作って下さい。
まず、どんな形か見つけて下さい。
a0239418_19213781.jpg
  
10分後、形が決まりません。スペシャルヒント使ってしまいました。
すぐに一人正解、楽勝か?でもあと4人なかなかできない。
やっと2人目出来、3人、4人出来ました。が、1人だけが出来ない。
そうすると、出来た人の誰かは、同じ形だけれど間違った紙片の組み合わせということ。
皆、出来あがった自分の形を崩したくない?そしてゲームオーバー。

実は、最後の人が持っていた紙片は正解だったのですが、紙片の合わせ方が間違っていたのです。
最後の人は、本当に残念、残念ですよね。
後で、皆にメンバー全員が最後の人に本気で関わらろうとしたか?問いかけました。
  ①自分の図形を作る・・・・・・・自分の仕事の遂行
  ②人にどの紙片を渡すべきか・・・他の人への協力
  ③人からどの紙片をもらえるか・・他の人からの協力

個人の振り返り表、グループとしての振り返り表は時間切れで宿題になってしまいましたが
今日の研修会の目的は達成出来た感じがしていますが、アンケート結果が楽しみです。
最後に、やっぱり何事も元気、勇気、本気で頑張れば良いメンバーシップを発揮出来ること
間違いなし。声を大きくしてガンバッテ!  

追記:実は私は、このゲーム、年々、紙片を解答を見ても合わせられなくなっているのです。
   頭が固くなってきている証拠?もっとゲームで遊ばないといけませんね。    
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-24 19:57 | Comments(0)

ママゴンに負けるな!

看護部長室の隣の小会議室にあるホワイトボードの絵です。
a0239418_1581413.jpg

これは、岡田副院長の僕ちゃんが描いたもの。
岡田副院長は女医さん、もうれつなパワーの持ち主。
病院のホームページの医師紹介でも病院長にとってもこわーーい存在とあります。
また、趣味は子育てともあります。
この僕ちゃんは、小さい時から学校が休みの時は病院でよく宿題をしていました。
その時は、副院長室を脱走して看護部長室がお気に入りのようで、ここでよく勉強していました。
そして、しばしば隣の小会議室のホワイトボードに絵に描いてくれてました。
絵は、いつも怪獣ママゴンとの戦いの場面です。
今回の絵は、やられっぱなしでなく作戦も含めて、かなりグレードアップしています。
a0239418_15335561.jpg
a0239418_15341961.jpg

背もぐっと伸び大きくなりましたが、母親の威厳は変わらずそのままです。
岡田ママゴン、キャリアウーマンでますます忙しいのに、しっかりと子供との愛情
の絆の強さを感じさせてくれます。
ママゴンの威厳あっぱれ、でも僕ちゃん負けるな、頑張れ!
すくすく大きく成長していくのが楽しみです(笑)。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-19 18:00 | Comments(2)

当院には寝たまま入れるお風呂が3階病棟、2階病棟に1台づつあります。
このたび2階病棟のお風呂を新しい物に更新することになりました。
1日に20人近く、月曜日から金曜日まで大活躍。
患者さまもお風呂は本当に本当に喜ばれます。
患者さまが安全で気持ち良く入っていただけるお風呂、介護する職員の負担も
最小にし患者さまと一緒に喜べるお風呂、そんなお風呂の購入、とっても楽しみです。
今は便利なもので今日、病院にそのお風呂がショールームごとやってきました。
a0239418_14584264.jpg
a0239418_1459585.jpg

1千万以上の買い物なのでしっかりと現場の職員に見て、触ってもらいました。
a0239418_14594026.jpg

感染面、安全面が随分と改良されているのに感心しました。欲しい!
後は値段交渉、病院事務方さん、よろしくお願いしますね!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-18 15:04 | Comments(0)

すごいパワーでした

初めて本場の阿波踊りを見ました。
日帰りで安いバスツアーで徳島に行ってきました。
15時位に徳島に着いたと同時に大粒の雨が降り出し、止むかと思ったら
窓ガラスにたたきつけるような雨になってしまいました。
晴れ女、撤回か?
18時までの開演までやきもきしながら、徳島駅前のそごうやステーションビル
で時間をつぶしていたら、時間を合わしたように雨はピタリと止み、
無事に阿波踊りを見ることが出来ました。やっぱり晴れ女でした。
初めて見た感想は
  本当に「見る阿呆」実感しましたね。
  これは、やはり「踊らなそんそん」ですね。
  みんな、生きいきして美しかった。
a0239418_13233763.jpg
a0239418_13235145.jpg
a0239418_13243111.jpg
a0239418_13245026.jpg
a0239418_13251245.jpg

a0239418_1342549.jpg
a0239418_13432483.jpg

 今まで男踊りに関心がありましたが、現地でみると女踊りの美しいこと。
 1人は勿論ですが、集団の美ですね。
 ですが、女踊りの人が少ないのは残念。
 女の人、子供たちが男踊りにまわってしまい男踊りが圧倒的に多くなっているのです。
 私なら絶対に女踊りですね。
 その前にダイエット、体力づくりしなければ無理ですね。頑張ろう!
徳島から帰ってきてから、お盆のふるさとからのおみやげや、初盆の母へのお供物
などの饅頭を美味しくいただいています。
a0239418_13442290.jpg
a0239418_13444683.jpg

 明日から本格的に「・・・・・」頑張ろう!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-17 13:48 | Comments(0)

すてきなサプライズ

今日、一つ歳を取り若返りました。
そして午前中、仕事をしていると突然、お花屋さんがやって来て素敵なお花を
持って来られたのです。
高校時代の友人のお嬢ちゃんからのサプライズでした。
a0239418_19551620.jpg

お花をいただくなんてなんて以前の職場の退職以来です。

このお嬢ちゃんとは先日、何十年ぶりかにお母さん(私の友人)と一緒に食事をしたのです。
友人は、神奈川県大和市に住んでいて、お嬢ちゃんは、現在、東京のど真ん中でキャリアウーマンとして
活躍されているのです。
すっぴんでも美人で、知的で素朴で、素敵な30代になっていました。
お母さんとそっくり。
今回の彼女との出会いは、不思議な感覚がありました。
娘ほどの年齢差、今まで1回しか出会っていない、しかも彼女は赤ちゃんの時。
なのに、このいとおしさ、強い繋がりを感じるのは何なんでしょうか。
友人の娘だから? 赤ちゃんの時を知っているから? 働く女性としての共感?
全てでしょうね。いや、それプラスの何か、魅かれるものがあるのです。
別れる時には、おおげさですが親戚、後輩、友人のように思えたのです。
素敵な出会いに、お嬢ちゃん、彼女の母である友人に感謝したいですね。
今日一日、このお花は大活躍です。
看護部長室にやって来た職員は、素敵なお花と素敵な笑顔の記念撮影。
中にはお見合い写真に使えるものもあります。
a0239418_19412673.jpg
a0239418_19414783.jpg
a0239418_19524949.jpg
a0239418_19531183.jpg
a0239418_19533340.jpg
a0239418_19535260.jpg
a0239418_19541751.jpg

a0239418_19543634.jpg

週末は、私は休みなので夕方には、お花は病院の受付に移動。
今度は、患者さまに喜んでいただきます。
気持ちのこもったお花と職員の笑顔で、今日一日元気になりました。
本当に有難うございました。また、再会を楽しみにしています!

記念写真に嫌がらずに協力してくれた皆さんに感謝します。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-10 20:14 | Comments(0)

ESD治療開始

先日当院で初めてESD治療された方が順調良く退院されました。
今年の4月からこの治療が出来るお医者さまが来られたのです。

ESDって何? 私は実のところ知りませんでした。
従来行っていたEMR(内視鏡的粘膜切除術)とはどこが違うのか?
そこで、紹介された本を早速取り寄せ読んでみました。
a0239418_13295939.jpg

私の好きなイラスト入りで素人に分かりやすく書かれた本です。
今までのEMRより進んだ最新の治療方法です。
ESD、おなかを切らずに治る「内視鏡的粘膜下層剥離術」。
本の中には3つの「すごい!」があります。
 1 早期の粘膜ガンならガンが大きくてもOK
 2 ガンを1回で取り除く成功率ではほぼ100パーセント
 3 ガンの診断率も100パーセント正確に
とあります。本当にすごいですね。
本の一部だけを取り出すのは良くない事ですので関心のある方は、是非、本を
読んで見て下さい。
私が若かりし頃は、内視鏡というのは「のぞいて診断する」だけでしたが、
それ以降は、診断に加えて治療そのものをすることに変わってきています。
また、昨年の4月から外科が始まり、腹腔鏡下胆嚢摘出術も何例も行っています。
これも内視鏡を用いての手術です。
三木山陽病院で出来ることが増えたことは、患者さまは勿論ですが私たち
職員にとってもうれしいことです。
最新の知識に遅れをとらないようしっかりとついていかなければなりませんね。
勉強、勉強、頑張ろう!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-07 14:05 | Comments(0)

見えますか?

病院のエントランスの大きな硝子が汚れていて洗浄をお願いしていたので
きれいになったなーと外の木の緑、空の青さに見とれていたらこんな虫が
硝子の外にへばりついていました。
見えますか?
a0239418_14142690.jpg

分かりにくいのでズームアップ
a0239418_1415481.jpg

ますます見えにくくなってしまいましたね。
角度を変えてやっと全容・・・
a0239418_14191073.jpg

調べてみるとナナフシだそうです。
a0239418_14202640.jpg

  擬態昆虫として有名なナナフシ。
  葉っぱに擬態していることでおなじみのコノハムシもナナフシの仲間に含まれます。
  ナナフシの仲間は世界で約2500種が確認されています。
  彼らは直翅系昆虫にふくまれ、ハサミムシ・バッタ・カマキリ・ゴキブリたちの親戚です。
  日本では現在、18種が確認されています。
  ナナフシは熱帯性の昆虫とのことで、東南アジアやアマゾンなどの熱帯の方に多くの種類が
  いるようです。
  ナナフシが敵から身を守る方法。一種が全ての方法を取るわけではありません。
 ※おおざっぱに1~5が視覚、6~7が触覚、8が臭覚に関するものといえます。
   1 <隠蔽的擬態
    まずは、隠れることが基本。木の枝、葉っぱ、地面の色、さらにコケに擬態するもの
    もいます。脚を伸ばすなどのポーズもとります。
   2 ベイツ型擬態?
    脅かされると、腹部を上に丸めることがある。
    これはサソリに似せて身を守っているのだという人がいる。
    また、1齢幼虫が高速で歩き回るのは、アリの行動を模倣しているのだという。
    これが本当なら、人気のない他の生物に擬態しているという点でいわゆるベイツ型
    擬態といえるのではないか。
   3 逃避
    近づいただけ、もしくはちょっと触れただけで、葉や枝からパッと脚を離して地面
    に落ちる(落下)。落下してしばらくは動かずにやり過ごすようで、つかんでも動
    かないこともある(死んだまね)。
    翅を持つものは、飛翔・滑空することもある。
   4 ゆらゆら
    何かが近づく気配がすると、体を左右に振る行動を取ることがあります。「威嚇」
    と採ることができます。しかし、風に揺れているように見せ、自分は非生物だよ
    ということを示したいのかもしれない。だとしたら「擬態」に近いといえます。
   5 威嚇
    翅をいきなり広げて、体を大きく見せたり、後翅に隠し持っている目立つ色
   (警戒色)を見せる。脚を振り上げる。また、脚や翅でシューシューと音を出す。
   6 死んだまね
    つかんだり、刺激を加えても、脚をピンと伸ばして動かなくなることがある。。
   7 反撃
    例えば、サカダチコノハムシ(Heteropteryx dilatata)は後脚の鋭いトゲ
    で敵をはさみます。
   8 外部構造物
    外骨格を厚くしたり、体にトゲをまとったり。
   9 化学的防御
    日本のヤエヤマツダナナフシは、刺激を受けると臭いのある白い防御液を胸部
    から出します。海外にはかなり危険な液体を噴射する種もいます
   (目が一時的に見えなくなるなど)。
    つかむと口から胃の内容物を出すことがあるが、これも含めていいのではないか。
   10 自割と再生
    捕まってしまったら、脚を切って逃げます。トカゲの自切と同じです。
    切れるところは決まっています。自割や外傷、脱皮によって失われた脚や触角は、
    若い幼虫では、脱皮のたびに少しずつ再生してきます。 /span>

    このナナフシも片足がないので10の状況でしょうか。すごい昆虫ですね。
    小学校の時の夏休みの宿題を思い出します。昔は早速採っていましたが、
    今は優しい気持ちで「再生の間、当院でしばし休んで下さい」
   
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-03 14:43 | Comments(0)

トイレの紙さま

これは何でしょう?  きれいですね。
a0239418_12432047.jpg


実は、トイレットペーパーです。
a0239418_12435077.jpg

お昼時にトイレの話で申し訳ありません。

先日、用をたしてましてすてきな可愛いペーパーだなとご機嫌さんでしたが、レバーを
押して流そうとして、ドキッとしました。
思わず、出血?
いやいや、トイレットペーパーの柄でした。
ホッとするやいなや、「これは、いかん!」
早速、総務にペーパーを持って行き、病院で使用するのに出血などの異常を見逃し
てしまい危険であると担当者に伝えました。
もう少し軟らかい物がないかと試供品なんですと担当者の返事。
改めて危険であると分かってもらい、別のものを選んでもらいました。
この話を看護部長室の秘書さんに話すと、彼女のお家を建てる時にトイレを便座も
含めてピンクにしたいと、ハウスメーカーさんに希望したところ
「健康チェックの為に正常が分かりにくくなるのでお勧めできません」と言われました。
なるほど、良心的なところであり、さすがプロ。
私たちの周りには、見た目の可愛さやきれいさに、ついつられてしまいますが、
健康と繋げて考えることの大切さ、真実、本質を見失わないようにしたいですね。

ちなみに「トイレの紙さま」でなく「トイレの神様」の歌、大好きです。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-08-01 13:12 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです