ブログトップ

看護部長ブログ

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

眼科の酒匂先生

糖尿病の患者さまが多い当院では、糖尿病の合併症にも絶対的に対応できる病院でありたい、
また、糖尿病に関わらず、1人の患者さまを当院で総合的に対応でき自己完結したいという強い思いを
もって職員は働いています。
今まで急性期から慢性期、在宅迄対応出来る病院、急性期から早期に集中して行えるリハビリ部門の充実、糖尿病性腎症による透析部門も拡充してきました。
ですが、糖尿病の代表的な合併症への対応では眼科のみが残っていたのです。

平成16年に現在の新館を建てた時に、当然、眼科の診察スペースを準備していました。
でも眼科医はいない。
そしてやっと平成18年9月に待ち望んでいた眼科のスーパードクター酒匂先生が来られたのです。
ほとんどの看護師は眼科の経験はゼロ。
酒匂先生にとっては、驚くことばかりだったと思います。
私たちも同様です、見たこともしたこともない。
その為、よく叱られましたが、よく話し合いもしました。
そしてお互いに歩み寄り協力し合えました。
患者さまの点眼薬の保管ケースをわざわざ買ってきてくださったこともあります。
こんなお医者さん見たことがありません。
オペ室の室温調整も十分でなく、お互いに苦労しました。今は快適です。
眼科開設から6年弱、いろんな山あり谷ありで一緒に乗り越えて、先生からはまだ満足していただけて
いませんが皆、随分頑張ってきたと思っています。まだ甘いですかね?
手術により多くの患者さまに光と希望を与えて下さいました。
また、当院の職員があやうく失明しかけた時も駆けつけてくださり対応していただきました。本当に感謝です。
次のステップを目指したいということで今回、退職され残念ですがしかたありません。
心から有難うございましたと言いたいと思い先生のお姿を撮ろうと邪念なく、診察室にお邪魔して写真を撮らせていただきました。
でも「ブログにのせるんやね」と先を越して言われてしまいました。そして笑顔で快諾。
私のブログを見ていたのですね。嬉しい。
先生、いつまでもお元気でいて下さい。酒匂先生から学んだことは次に来られる先生に必ず活かします
から安心していてください。本当に今まで有難うございました。
a0239418_20501266.jpg

a0239418_20305824.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-29 20:51 | Comments(0)

看護学生さんのカンファレンス

当院は看護学校の1年生から3年生までの実習を受けています。
今日は、3年生7人の老年看護、慢性期看護の実習最終日でした。
久しぶりに4階病棟で慢性期の看護の実習をしている学生さん3人の最終カンファレンスに参加させて
もらいました。
私は、学生さんのカンファレンスに参加するのが昔から好きでした。
それは、3つの理由からです。

その1つ 学生さんの一生懸命に患者さんのことを考え、苦戦している姿に看護の原点に触れることが          出来るからです。
その2つ 学生さんの指導している当院の看護師の意見やアドバイスを聞くと、とても頼もしく思えるのです。
      ますますその看護師が好きになってしまうのです。
その3つ 私の中で具体的な患者さまの看護がよみがえり、ムラムラと私の大切にしてきた看護への思いを
      とめどもなく伝えたくなってしまうのです。
      それを伝えられた学生さんには押しつけになってしまっているかもしれないのですが、看護を語
      れた満足感、充実感を得ることが出来るのです。自己満足の域のところもありますが、これから
      看護師の卵と、いやひよこかな?繋がった、伝わった感覚が味わえるのです。喜びです。

実習が全て終了すると看護部長室に全員がそろっていつも挨拶に来てくれます。
この時間も私は、好きです(学生さんはどうかな?)。早く帰りたいでしょうに、ごめんなさいね。
11日間に患者さまへの看護で何が学べたのか、社交辞令や一般的な終了の挨拶でなく、この実習で
得たことを自分の言葉で短時間であいさつして欲しいといつも要求するのです。
7人が自分の言葉で「語ってくれた」言葉は、じんじん伝わってきます。
距離感が短くなります。またもや喜びです。
実習生の皆さん、有難う。実習はまだまだ続きますが、実習ごとに学びが途切れることなく、重ねていって
下さいね。期待していますよ、頑張れ!
そして病棟で学生さんに関わってくれたうちの看護師さん、指導者、スタッフに本当に有難うございました。
もちろん、師長さん、主任さんもです。
次回の実習は9月です。学生実習だけでなく後輩の育成もよろしくお願いしますね。
感謝の気持ちをお花の写真ですが、楽しんで下さい。
私が好きな「写真の駅」からの転用であじさいです。万博公園のお花です。
a0239418_2011589.jpg
a0239418_20151220.jpg
a0239418_20153837.jpg
a0239418_20162675.jpg
a0239418_20114674.jpg
a0239418_20122160.jpg
a0239418_20125064.jpg
a0239418_20131650.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-26 20:28 | Comments(0)

放射線の研修会

先ほど6月の病院研修会が終わりました。
今日の研修会のポスターです。ちょっと見えづらくて申し訳ありません。
a0239418_192119.jpg

ポスターを見ただけで難しそうと思いますが、30分の短時間で私の苦手な数字も入れて
実に分かりやすい研修会でした。本当に。

放射線と聞いただけで「怖い、この間CTを撮ったけれど大丈夫?」「放射線の検査に介助したけれど大丈夫?」など長い看護師生活の中でよく聞く声です。
大丈夫と言い切れるだけの自分が理解しているのかと言えばやはり根拠が薄い。
今回は福島の原発のこともあるのですが、病院の中での放射線が人体への影響についてもう一歩理解したかったのです。無理を言って放射線科にお願いしちゃいました。
a0239418_19131787.jpg

多くの参加者があり、どのように受け止めてもらえたのかアンケートの結果を楽しみにしています。
私たちが関わる患者さまやご家族の感覚、思いはとても大切です。
ですが、病院に勤める職員は正しい知識と理解をしていないと患者さまに却って誤った感覚を与えてしまうことになります。今日の研修会で私と一緒に一歩、前進したことを願っています。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-26 19:22 | Comments(0)

保育園の子供たち

保育園は2階にあります。そこのベランダで苗を植え付けた時の様子です。
a0239418_1357260.jpg

野菜が大きく育ったらと思うと・・・楽しみですね。朝取れの野菜なんて一番のごちそうですよね。
その際には、ほんの少しでかまいませんのでキュウリ1本お願いします。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-19 13:49 | Comments(0)

台風4号進路気になります

朝7時から兵庫県は大雨警報が発令されています。
学校関係は休校です。
保育所は小学校の子供も臨時で預かる状況です。有難いですね。
さて、病院は台風だからと言ってお休みは出来ません、当然です。24時間365日営業です。
透析センターでは、台風のために朝から万全の体制で動いています。
午後からの透析患者さまも帰られる時を考えて出来るだけ早目に透析を始められるよう頑張っています。
頼もしいですね。
今日は、夕方から師長・主任を対象にした研修会を予定していたのですが中止にしスタッフを
早く帰せるよう指示しました。緊張の1日です。
とにかく大きな被害が出ない事を祈るのみです。
a0239418_1327694.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-19 13:18 | Comments(0)

新人研修頑張っています

4月に入職した新人ナース、ケアワーカー、そして理学療法士の合同の心肺蘇生の研修会
を昨日行いました。
講師は病棟主任2人。初めて講師デビューです。
消防署からお借りしたお人形とAEDで実習です。
みんな一生懸命です。うまく心臓の位置に手が当たっているかな?30回ですよ。
a0239418_1752934.jpg

a0239418_176441.jpg

そして人工呼吸。マスクが密着せず漏れてしまい肺に空気が送られません。
胸が上がっているかどうか、難しいですね。
a0239418_1741065.jpg

最後にAED。最近はコンビニでもどこにでも置いてあります。
病院では、精巧な除細動器を使用しますのでAEDを使用しません。
でも、病院に勤務している者は病院外でAEDを率先して使えるようにして欲しいですね。
a0239418_17125296.jpg

一つの命と向き合う世界に入った新人さん、頑張って!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-14 17:16 | Comments(0)

講演会に行ってきました

6月2日小山ロールで有名な小山進さんの講演会に行ってきました。
a0239418_1505943.jpg

私は、一度もそのケーキを食べたことがない、またテレビ「情熱大陸」「プロッフェショナル」も見たことがないのですが、そのタイトルに魅かれて参加しました。ほんの軽い気持ちです。
主催が三木市青年会議所ということも魅かれました。あまりこういう所に行ったことがないので。

会場いっぱいの参加者の中で、おそらく私が一番小山さんのことを知らないのだと思いました。
参加している人の意気込み、姿勢が違うのです。違和感を感じるくらいです。
結論から言えば、「行って良かった」。
小山さんの話されている内容、正直さやくったくない姿勢は本当に共感出来るもので、プラスのエネルギーをいただきました。
最近、講演会や研修会に行った時に私が心がけていることがあります。
決して無理はせず行った内容を人に話しをするのです。
そうすると大切だと思ったことが、抜けず自分の体の中に定着するんです。
そのことを繰り返すと自分のものになり元がとれた、得した、行って良かった、この人と出会って良かったと元気になるのです。
まだ、整理でできず、ゴチャゴチャの状態ですが、印象に残った言葉、羅列ですがあげてみます。

・自分ブランドって何?  
   あの人としゃべりたい、あの人に会いたい、あの人に関心がある、あの人のものを食べたい
・常に自分への違和感、店などに違和感を見つけ続ける。
   それが何かをはっきりさせる。鮮度が高いうちにはっきりさせる。違和感探しの毎日。
・若い人たちへのメッセージ
    どんな人になりたいか?それに対して何が足らないかを埋めることを考えて欲しい。
    もっとしゃべらなあかん
・日本人は物づくりの丁寧さは世界一
    丁寧さが保てなくなる環境(納期が迫られるなど)になる苦しさに対して、お客にも協力をして
    もらわないといけない。本当に良いものを大切にしているのならそれを伝えること。
    それでないと、従業員のモチベーションは上がらない。
    最上のものが最上でなくなるのならやめるべき。
・小山さんの21才はどんなん?
    社長がおもろかった。だから他の嫌なこと、人に惑わされなかった。
・自分の仕事が自分に合っているのか迷いはなかった?
    自分に向いている、向いていないなんてない。天職なんて始めからないんや。
    夢というより、いまの時点の目標がある。全力投球できない自分をまず反省すべき。
    一生懸命するんや、人にあてにされるまで、人のことを悩んであげて。
・従業員満足
    次の人と同じベクトルになることが大切。
    毎日どれだけ相手に伝わるか、伝え続けること
    自分の成長が感じさせられるか、それが大切。
    丁寧にめげずに、しっかりその子がうまくいくよう応援団長であるように。

まだまだありますが、今日はここまでにしておきます。
講演会が終わって帰ろうとしたら小山さんが出口の所で参加者を見送っておられました。
握手したいと思いましたが、やはり若い人を優先して遠慮しました。
「小山ロール」ますます食べたくなりました。三田は遠いけれど運転、頑張ってみようかな?
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-04 15:47 | Comments(0)

クジャクサポテンのお花

先日退職された保清の方が、今日月下美人の花を持ってこられました。
正式には、クジャクサボテンのお花ですが、みごとまでも自然の美、造形です。
毎年、いただいて楽しませていただいていたのですが、来年からは見れません。残念!
a0239418_1451209.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-04 14:52 | Comments(0)

リウマチの勉強会

昨日、リウマチ治療についての研修会を当院で行いました。
a0239418_1864070.jpg

当院は、DMの患者さまへの医療についての職員の関心度は高く勉強熱心ですが、私も含めてリウマチのことについては、十分な理解が出来ていません。
このたび、このような機会を得て、予想していた以上より多い105人の職員が参加しました。
お二人の先生のお話を伺っていると昔、当時インスリンといえばブタのインスリンで、それがヒトインスリンに変わり、劇的にDMの治療が大きく変わったことを思い出しました。
それと全く同じ感覚で、リウマチの医療が対症療法から根本的な治療に歩み出した、医療の進歩のすごさを感じました。
ご講演いただいた内容は、勉強不足でまだまだ分からないことが多かったのですが、参加者の多くはリウマチの医療の変化と今までとは違う期待感をもったようです。
お二人の先生、有難うございました。今後ともリウマチに限らず、ご指導いただけますようお願い致します。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-06-01 18:29 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30