ブログトップ

看護部長ブログ

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

プリセプター研修

今日、夕方からプリセプター研修を行いました。
a0239418_20132626.jpg

当院は、経験のあるNsが中途から入ることが多いのですが、4月は新卒者や
病棟経験が初めてというNsが入職して来るので毎年、この時期にこの研修会を行っています。
ただ、新卒者が多く入職する大病院とは、少し違います。

私が当院に勤務した時は、経験が30年近くありました。
それだけの経験のある私でも今までと違う環境に戸惑い、今まで出来ていたほんの些細なことでも
出来なくなる自分になってしまいました。
その時に痛切に思ったことは、甘えていると批判されそうですが、プリセプターは経験者にも必要だということです。
話が跳んでしまいますが、患者さんも同じですね。
病気という今までにない状況になった時に、自分をしっかりみていてくれる人、支えてくれる人が必要です。
これがプライマリーナースになるんでしょうね。プリセプターと共通します。

人は、好んで変化を求める人と変化に弱い人がありますが、現代は後者が圧倒的に多いと思っています。
今日の研修で、新人(敢えて新卒者だけでなく)の戸惑いをしっかりと理解する、仲間として迎える、
優しい気持ち、一度に多く求めない、一緒に歩む、こんな準備状態になったでしょうか?
今日の研修会に参加した主任、ベテランNsさん、そんなプリセプターをしっかり支えて下さいね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-29 20:38 | Comments(0)

「各部署の取り組み」3回終了しました

今日は、病院研修会の日でした。
今年度の新たな企画で各部署の取り組みを5分で発表してもらう研修会です。
今回で3回目で、これで終了です。
a0239418_1961956.jpg

今の時代、病院の中も外もたくさんの職種の人が患者さまを中心に連携することがごく普通になっています。
本当に普通なのかな?
職種の違う人たちと連携していくには、「私は何が出来る人なのか」「相手は何が出来る人なのか」
案外、知っているようで知らない事が私は多いです。
私がスタッフで勤務している時は、今ほど職種が多くありませんでした。
看護師が何でも知っている、知っているかのごとく何でもする時代でした。
その時は人に頼ることが出来ないので我流で当たって砕けろみたいなところがありました。
浅い知識、経験、どれだけ、そばに専門的に助けてくれる人が欲しいと思ったことか。
それが今は、整ったのです。
そこで、それぞれがうまく連携すること、本当に信頼し合って仕事することを意識しないとプラスの力にならないと思います。
そういう意味では、今回の各部署からの発表は、お互いの役割を知るというところでは良かったと思っています。
アンケートなどの意見を参考に、次年度の研修計画をもう一歩進んだものにしていきたいと思っています。
発表を聞いたところもプラスですが、発表していた所、結構楽しんでいるようで発表した所が一番プラスプラスだったのではなかったのではないかな?
a0239418_19242865.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-28 19:26 | Comments(0)

三木山陽病院美術館 透析編

当院の透析センターは平成20年11月に新しい建物になり、今ではⅠ10人以上の
患者さまが透析を受けておられます。
建物は4階建ですが、2階と3階が透析フロアになっています。
ベッドは23、23の合計46ベッドあります。
月水金は午前、午後透析で2クール、火木土は午前、午後、夜間の3クール透析を行っています。
平成12年に当院で透析を始め、今年で12年目になりますが、当時と違って設備もスタッフ
も随分と充実しました。
今から紹介しますのは、透析センターの建物が新しくなった時に、いただいた絵です。
まず、これは影絵・切り絵作家の藤城清治さんの作品です。本物です。
きれいな色遣いで藤城さんの世界ですね。
オー、ファンタスティック!と言いたくなります。
a0239418_13155482.jpg

この2作品は、とてもユニークです。雲がマンボウとイルカなのです。
そのように見えますか?
このほのぼの感、思わず微笑みたくなりますね。
a0239418_13224735.jpg
a0239418_13231133.jpg

イルカの絵に撮影者の影が映ってしまいました。決して心霊写真ではありませんので
ご安心下さい。
いかがでしたか?
この次は、病棟編を予定しています。楽しみにして下さいね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-24 13:54 | Comments(0)

三木山陽病院美術館

当院の中には、素敵な絵がたくさんあります。
今日は、新館のⅠ階の絵を紹介しましょう。
うまく撮影しようとしましたが、ガラスで反射してしまっていますが、どうかご容赦下さい。

まず、病院の玄関に入ると右手に大きな絵があります。
奥入瀬渓流ですね。水の流れがよく分かり、実物は迫力があります。
また、森の清々しい空気が感じられます。水の音も聞こえてくるようです。
a0239418_182728.jpg

a0239418_1823592.jpg

これは、整形外科の診察室横にある絵です。
この道はどこにつながっているでしょうか。行ってみたい気持ち、そそられますね。
a0239418_1813278.jpg

中央のエレベーターの前の絵です。
a0239418_18191125.jpg

a0239418_19253858.jpg

a0239418_1926131.jpg

日本画って本当に繊細ですね。
私は、今まで富士山と相性が悪いのか、一度もきれいな姿に出会ったことがありません。
いつも雲の中です。ですから、いつもこの前を通ると楽しんでいます。
最後に、これは検査待合にある絵です。
a0239418_19314537.jpg

微妙な色遣い、写真ではうまく出ていませんね。
解説しようにもボキャブラリーの不足にて、あきません。やっぱり、直接、見ていただくのが一番。
病院にお越しになった時に、是非ご覧ください。
きょうはここまでにしておきます。他の絵は次回にしますね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-23 20:19 | Comments(0)

3年任期の効力

昨日、師長と主任の合同会議(看護部マネージメント会議)がありました。
月に2回、各部署での課題を持ちより話し合う看護部の管理者会議です。
今日、特に盛り上がったのは次年度、この4月からの委員会の委員交替についてでした。

当院では小さなものも含めれば20以上の委員会があります。
病院全体の委員会には、一部、看護部として師長、主任が委員長や副委員長を担当しています。
看護部独自の委員会はもちろん、師長、主任が委員長になります。

昨年は病院機能評価があったので、敢えてメンバーの交替はしませんでした。
ですから、長い人は4年も同じ委員会を担当してくれていますので、この4月からは全員交替としました。

それぞれに、次の委員の希望を言っている時の笑顔、童心に返ったような顔です。
その盛り上がり方は、やり遂げた満足と次へのやる気からだと思いました。
本当に、それぞれが良く頑張ってくれていました。
4月から次の役割を担当して、もっともっと大きく成長して欲しいと思っています。

よく、何かの役割を受けた時に任期を2年にしている所が多いですよね。
2年間の任期、
 1年目、何も分からないけれどがむしゃらにやってみる。
 2年目、少し1年を通して分かった。最後の年だから頑張ろう!になりますよね。

これって、私だけかもしれませんが、気持ちとしては負担は軽い。

3年間の任期(任期でなくても)
 1年目、何も分からないけれどがむしゃらにやってみる。
2年目、少し1年を通してわかった。あと2年あるので腰を据えてやってみる。 
3年目、ようやく全容が見えてきた。、いままでのことを踏まえて仕上げよう

2年と3年って本当に違うんですよね。これは、私の経験ですが。
石の上にも3年と言われるのが良く分かります。
状況によりますが、3年の効力は絶対あると思っています。
3年、4年間も委員会を担当してくれた師長さん、主任さん、有難う、これからもよろしくお願いしますね。
そして、2年と言わず、3年は頑張って下さい。
そして次の人にその役割を譲ってあげて下さい。
そういう気持ちでお願いしますね。 頑張れ、頑張れ!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-22 18:55 | Comments(0)

私もチョコレートいただきました

2月14日はバレンタインデイで日本全国、チョコレートのプレゼントで盛り上がったことでしょう。
お菓子会社を喜ばせる思わくに完全にのっかってしまいましたが、私自身も毎年、楽しみにして
贈っています。
義理チョコと言われるかもしれませんが、いやいやでなく、いつもの気持ち、愛の告白でなく
感謝と楽しむ、遊ぶ気持ちでのっかっています。
「いつも有難うチョコ」
「ええ気分になってチョコ」
「見てみて、一緒に楽しんでチョコ」
「目で見て、味わってみたいねチョコ」
「少し自分へのご褒美チョコ」
「なぐさめチョコ」
「しきりなおしチョコ」
などなど、このチョコで元気になるきっかけになります。
だから、私はこの日が好きです。
昨日、日がずれますが看護師としての先輩が来られチョコをいただきました。
いただくのは初めてなので、とてもとてもうれしい気持ちになりました。
来年も楽しみです。
a0239418_19513776.jpg

a0239418_19393567.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-16 19:40 | Comments(0)

保育所の節分

病院の事務所の前の掲示板に毎月、子供たちの様子が掲示されます。
今回は節分。
くれぐれもマメによる窒息事故注意して下さいね。
a0239418_1383965.jpg
a0239418_1385617.jpg
a0239418_1391861.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-10 13:10 | Comments(0)

トライやるウィーク活動記録集届きました

昨日、トライやる・ウィーク活動記録集が届きました。
a0239418_1334574.jpg

昨年の11月に5日間、可愛い中学2年生の女の子たちが当院で体験実習をしました。
その時の体験を新聞にして集録したものです。
手にとるやいなや、当院での4人の人達の新聞をまず、読ませていただきました。
皆それぞれに感じたことを素直に書かれていました。
でも、4人とも共通して印象に残っていることは、とても意外なことでした。
当院の建物は坂に建っているので同じ2階でも新館と本館では高さがかなり違ってきます。
当然、つなぎ目に段差、数段の階段があるのです。
車椅子の患者さまや足の不自由な方が誤って階段から転び落ちない工夫として大きな植木を
置いて、通るのを邪魔するようにしています。
これは、出来るだけ病院の中で紐をひっぱったり、扉をつけるなど患者さまを拘束をしない為の
アイディアです。
院内での安全委員会(事故防止)で新館が出来た当初にケアワーカーからの意見を採用したものです。
これが4人の新聞には写真入りで掲載されていました。うれしいですね。

中学生の時に、学校から出て5日間も職場体験するなんて私の時代では考えられない事でした。
本当に一人一人の新聞を見せていただき、トライやるウィークの意義を再認識するとともに
受ける側としても受けて良かったなと思いました。
病院で働くということの素晴らしさ、三木山陽病院の魅力、一人一人の職員が発信していけるような
職場づくり、頑張ろうと思いました。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-04 12:00 | Comments(0)

可愛い訪問者

今日は節分、すっかり頭から抜けていました。
昼食に行こうとしたら保育所の子供たちが部屋に入ってきました。
まだこの時点でも、今日が節分だとピンときません。本当に鈍いですね。

子供たちが手渡してくれたのがこれです。子供たちの手作りです。
a0239418_12561636.jpg

そうか、そうか今日は節分か、いつもいつも有難う。
記念に、「はいポーズ!」
a0239418_12565575.jpg


今日の夕飯は巻きずし、決まりました。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-03 13:01 | Comments(0)

献血

今日の午後から三木庁舎で献血があります。
毎年、呼びかけて、かなりたくさんの職員が献血に協力してくれます。

私と言えば、病み上がりまでといかない状態なので今回は行けません。
若い時は、比重が軽いということで献血は、いつも撥ねられていました。
若くなくなれば、血管が出ていないからということで、またもや却下です。
まともにこの人生で献血出来たのは2回だけ。
それも血液がなかなか出ないのでグーパーグーパーとして時間をかけて何とか
終了しました。
今日は、この冬一番の寒さ、出来れば血管が良く出る季節に献血があればと思っています。
今日、勤務の合間をぬって協力してくれる皆さん、血管を縮ませないようあたたかくして
行って来て下さいね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2012-02-02 13:41 | Comments(2)

三木山陽病院看護部長のブログです