三木のおいしいお店

おとつい2人きりの忘年会をしました。
私にブログに関心をもたせてくれたカワッキーさんが紹介していた本格的なフランス料理のお店です。
お店の名前は、私個人のブログではないのであげられませんが、緑が丘駅近くのお店です。
以前からこのお店のシェフのこだわりをきいていましたので、行きたいと思っていたお店です。
事前の予約ではシェフから直接、好き嫌いがないか、内容についての注文など聞かれました。
コースの内容は、全て個別に組まれるようです。
当日は、平日でしたのでお客は私たちだけでした。お店一軒貸切です。シェフもです。

お料理を持って来られる毎に料理の説明を丁寧になさいます。
味わいながら、でも食べるスピードが少し速すぎるみたいでペースダウンを言われました。
最初は、前菜で海老のすり身を薄い本当に薄いパイ生地で包んだものです。
口の中に入れるとあちち、ジュワーと海老が拡がります。気が早って写真を撮りそこないました。

次は、人参のポタージュ。レストランで、こんなに湯気が見える料理は初めてです。
人参のほど良い甘み、身体も心もあたたかくなっていきます。
a0239418_1553212.jpg

パンも焼き立てで、やはりあっちちです。カレー味、いかすみです。
あとでソバ粉のフランスパンも出てきます。
a0239418_15552089.jpg

鯛とタイラギの香味焼です。
a0239418_168641.jpg

タイラギ?明石でとれた大型の2枚貝です。
ホタテより肉の弾力が強い、相棒はとても気に入ったみたいです。刺身で食べてみたいと言っていました。
貝殻も見せてもらいました。スコップくらいの大きさです。
持って帰りたいと思いましたが、あつかましいと思われたくなかったので言いませんでした。
次は、メインディッシュの肉料理です。
a0239418_1691472.jpg

この牛肉は、私たち2人は初体験です。
まだ日本では少なくフランス料理で古くから好まれている、「ヌレ子ヴィール」なのです。
母乳の乳主体で飼育した生後数日から10日程度の食べられる為に生れて来た「乳飲み子」なのです。
何と可哀そうにと思ったのですが、食べると言うことはそういうことなのだと思いながら有難く、味わいながら
いただきました。
肉自体は、軟らかくはなく淡白でした。味付けが抜群です。
シェフが調理前の乳飲み子の肉と成牛のサーロインステーキの大きな肉の塊を比較して見せてくれました。
フランス料理を食べながら食に対する考えや理解を深める講義をしていただいているようでした。
講師料は要らないよね?
最後にデザートはどれくらい食べれますかと聞かれたので「たくさん食べれます」と答えた結果がこの写真です。
a0239418_163094.jpg

これで2人分です。全部いただきました。
帰りにはフルーツケーキのおみやげまでいただきました。
贅沢なぜいたくな時間でした。
シェフさん、本当に有難うございました。また、行きますね。次はどんな経験が出来るのか楽しみです。
三宮や梅田にいかなくても三木にはこんな本格的なお店(妥協しない、その人を見て喜んでいただける料理をお出しする)があるんですよ。三木っておもしろいところです。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-30 16:56 | Comments(0)

仕事納め

今日12月30日は仕事納めです。
お昼に納め会が大会議室でありました。
各自にお寿司、そしてオードブル、おでんなど病院職員もサンスマイル三木の職員も
昼食は、ここで食べ、お互いに今年の感謝と来年の挨拶をします。
もうあと2日で今年も終わりなのですが、病院など365日動いている所で勤務していますと
そういう世の中の年末の空気に疎くなってしまいます。
この納め会で、この1年が終わることを確認することになります。
今日は出来るだけ、ひとりひとりに心をこめて挨拶しました。皆、いい笑顔です。
私は、明日から休みになりますが、この年末年始も出勤してくれる人がたくさんいます。
入院したまま病院で過ごされる方も多くおられます。
患者さま、ご家族、職員の皆さん、今年は、いろいろとお世話になりました。
有難うございました。来年も良い年をお迎え下さいね。
a0239418_14545841.jpg

a0239418_14541427.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-30 14:58 | Comments(0)

12月の病院研修会

今日は、2011年最後の病院研修会でした。
a0239418_19311260.jpg

今年度は12月1月2月に今までにない研修計画を組み入れました。
各部署での取り組みを発表するというものです。
30分間の研修会で6部署が5分づつ発表するというかなり大胆かつヘビーな企画です。
今回のトップバッターは医事課、栄養科、薬剤部、5階病棟、2階病棟、透析センターです。
かなり、関心が高かったようで参加者は106人と今までで最多でした。嬉しいですね。

各部署、5分と限られた時間で如何に伝えられるのか、かなり力が入っていました。
アンケートの中に「各部署のプレゼンテーション合戦ですね」とありましたが、記載された方の気持ちが間違っていたらごめんなさい、時間に追われて話せば良いだけで終わる研修会であってって欲しくない
と思っています。そうではなかったと思っています。
もし、そのように思わせたのであれば司会であった私の責任だと思います。
初めての体験、それぞれに頑張って発表されていました。
各部署の仕事の内容と取り組みを聞く事で、そこが身近に感じられる、それこそ連携につながります。
お互いに理解し、刺激を受ける、協力し合う気持ちになる研修会だったと思っています。

短時間でも自分たちの伝えたいことをまとめる、紹介する、この力は現場では必要です。
でもむづかしいですね。
昔、恩師に言われたことが強く耳に残っています。
「合田さんの言いたいことは、良くわかるけれど、長い。聞いている方がしんどい。
次は簡潔に伝える力が課題よね。簡潔と省略は違うのよ。決して間違えないでね。
簡潔は事の本質、エッセンスを残すことで、省略は本質までなくなってしまうこと。頑張ってね」と。

まだまだ、簡潔さへの道は長いですが、話し合いをした時、研修会に出た時など、
必ず「一言でいえば、要はこういうことを学んだ」と要約することにしています。

医療の現場では、情報があふれています。現象や情報だけに翻弄されず、しっかりと物事の本質に迫る力をつけたいと思っています。
今回の研修会にもそういう思いでいます。
気負わず、ありのままを伝えること、来月、担当の部署の皆さん、頑張って下さいね!
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-27 19:47 | Comments(0)

保育所の子供たち有難う

クリスマス会で大活躍の子供たち、とても楽しかったですね。
また、来年もお願いしますね。
a0239418_17275045.jpg

インフルエンザの予防でしっかり手を洗ってちょうだいね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-27 17:29 | Comments(0)

糖尿病教室盛況です

もう少し若い頃は毎年、年末年始の後の体重増加と肝機能の値に一喜一憂していました。
今は、昔ほどお酒の飲みすぎはありませんが、年末年始は要注意の時期として構えています。
今日の教室のテーマは、多くの方に関心が高い内容で、今までで一番多い80人の方が参加されました。
a0239418_12453440.jpg

会場の準備もOK。結婚式場みたいです。
a0239418_124559100.jpg
a0239418_12461770.jpg
a0239418_12463529.jpg
a0239418_12465211.jpg

まずは、軽食の試食からスタートです。
私も、今日はお相伴にあづかりました。
a0239418_1247931.jpg
a0239418_1247307.jpg
a0239418_12474821.jpg
a0239418_12481187.jpg
a0239418_12485723.jpg
a0239418_1249993.jpg
a0239418_12492574.jpg
a0239418_1249454.jpg

おなか、いっぱいです。これで350カロリーとは、驚きです。
家でも作ってみようと思える内容です。是非、参考になさって下さい。
おなかは満足、これからが年末年始に向けての本番です。
当院の理事長である吉田泰昭先生より「年末年始の過ごし方」の講演です。
先生の顔を見るのが久しぶりという人も多く、皆笑顔です。もちろん、先生も。
a0239418_1359712.jpg

わかりやすいお話の後は、西村管理栄養士による「クリスマス・お正月の注意点」についてのお話です。
a0239418_14105250.jpg

飽きさせることのない、皆さんと和気あいあいの雰囲気で終わりました。
毎年、ワンパターンでなくいろんな工夫を楽しんで企画されている先生方、いつも刺激を受けています。
糖尿病の患者さまへの指導は、「ねばならない」でなく「こういう風にすればもっと生活が豊かになる」
でありたいですね。その為には、私たちの実力を上げなくっちゃいけませんね。
今年もあとわずか、良いお年をお迎え下さいね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-22 12:52 | Comments(0)

療養病棟のクリスマス会

またまたクリスマスについてです。
今日は、療養病棟のクリスマス会がありました。
療養病棟は、治療やリハビリに少し時間がかかる方が入院されています。
病棟のスタッフは、少しでも入院生活の中で患者さまに喜んでいただけるよう、季節の行事を
創意工夫して開催してくれています。
ひな祭り、七夕会、敬老会、クリスマス会は代表的なイベントです。
さてさて、今日のスタッフステーションのクリスマスの飾り付けです。
a0239418_1826571.jpg

クリスマスツリーも今年は新調し大きくしました。
残念、写真がない!申し訳ありません。

今日の出演は、前回、来ていただいた「ムジカ・ドルチェ」さんとスマイル保育園の子供たちです。
「ムジカ・ドルチェ」さんは、ピアノとチェロの演奏でアンコール出演です。
「浜千鳥」「冬の夜」「津軽海峡冬景色」「上を向いて歩こう」の演奏です。
a0239418_18285319.jpg

やっぱり、自然と心の中にメロディーが入ってき、落ち着かせてくれます。
何ですかね、この力は?
曲に合わせて、患者さまの耳元で私の下手な歌を口ずさむとうなづいて下さいます。
うれしいですね。
a0239418_19195178.jpg

引き続きムジカ・ドルチェさんに伴奏をお願いして(贅沢ですが)、病棟スタッフの歌です。
「四季の歌」「見上げてごらん夜の星を」は、手前みそですが、なかなかの出来です。
a0239418_18381642.jpg
a0239418_1838324.jpg

次は、スマイル保育園の子供たちの歌と踊りです。
空気が変わり手拍子や笑顔で、子供のエネルギーを分けてもらった気分です。ルンルン~
a0239418_18403986.jpg
a0239418_18405488.jpg
a0239418_18411513.jpg

あっという間の30分でしたが、患者さまの喜んでおられるお顔を見て、良かったなと感じました。
ベッド上での患者さまの心の中にもクリスマスの雰囲気が届いたと確信したひとときでした。
3階病棟のみなさん、頑張ってくれて有難う。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-21 18:57 | Comments(0)

全国的にインフルエンザの流行期に入ったと報じられています。
当院も12月に入ってインフルエンザ陽性と判定された方は3人おられます。
いづれもA型です。まだ3人?と少ないと思われているかもしれませんが、
あっと言う間に増えるのが流行なのです。油断できません。

病院の職員は、10月末までに全員インフルエンザワクチンを接種し予防に備えています。
保育所の子供たちも同じです。
また、入院患者さまや透析で通院されている方もワクチン接種を行っています。
万全の体制で臨んでいますが、いくらワクチンをしていてもかからないとは言えません。
ワクチンをした時は、症状が軽く済む場合が多いので、これくらいと思って勤務してしまう
ことがあります。
勤務の間、ウイルスをばらまいてしまいますので、これが困るのです。
抵抗力の弱っている患者さまや高齢者の方のインフルエンザの感染は大きなダメージを与えてしまいます。

出勤時には、体調の確認をし、少しでも変化がある、「のどが少し変」でもインフルエンザの確認をして
います。大げさかもしれませんが、そうやって毎年、少なくとも病院の中での拡大は確実に防止出来ています。
「人ごみの所は避ける」「外から帰ったらうがいと手洗いをしっかり行う」「少しでも体調に変化があれば診察を受ける」「体力を落とさないよう早寝する」このことは3月末迄続きます。
まだ、ワクチンを接種されていない皆さま、どうぞお急ぎ下さいね。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-19 19:43 | Comments(0)

今日、病院のクリスマスコンサートがありました。
a0239418_1695355.jpg

毎年、私はこのコンサートをとても楽しみにしています。
忙しさにまぎれて、音楽にご無沙汰している中で、当院のクリスマスコンサートは
本格的な音楽に満たされる時間です。
また、患者さまやそのご家族、職員とその家族が一つの空間を楽しむひとときでもあります。
毎年、ボランティアとして支えていただいているTedさん、エントランスホールにいっぱいの
音響も抜群です。本当に感謝です。

今年の会場づくりは車椅子の方も余裕をもって聞くことができるよう工夫されていました。
a0239418_161911100.jpg

本日の一番手はクラシックギターのMOMOさんでした。
a0239418_16203839.jpg
a0239418_1621059.jpg

すごい!ギターの繊細さとダイナミックな湧き上がるような力強さを全身に訴えるような演奏
でした。
次は、当院のスマイル保育園の子供たちの歌と踊りです。
出演前の時から注目されています。
a0239418_16261120.jpg

日頃の練習の成果が十分に発揮できている楽しい内容でした。
こちらも思わず、笑顔で手をたたきリズムをとってしまいます。
a0239418_16295629.jpg
a0239418_16301443.jpg
a0239418_16303290.jpg
a0239418_16305193.jpg
a0239418_1631712.jpg

最後は、毎年来ていただいているTed&マイケルさんの歌です。
Tedさんの声は、やわらかくて癒されます。
毎年、いろんな扮装で楽しませてくださいます。ホワイトクリスマスです。
a0239418_1634429.jpg
a0239418_1635770.jpg

次にマイケルさんです。マイケルさんの声は高音で松山千春を思わせるような澄み切った
声で心の中に入り込んでしまいます。
お二人のの絶妙なハーモニーで懐メロの「一杯のコーヒーから」です。
a0239418_16383111.jpg

引き続いてマイケルさんのオリジナル曲で「たんぽぽ」です。初恋の甘い、切ない思いの歌です。

ここ位から、目がしらが熱くなってきました。
本当にこの1年、いろんな試練がありました。
東北大震災、人ごととは思えません。阪神大震災の時を思い起こさせます。
病院も大きな審査が2回もありました。職員全員が一団にになって乗り越えました。
本当に人の協力なしでは何もできない、協力し合うことの大切さと有難さを実感できました。
私的には、この1年で兄と母の死がありました。
人の命のはかなさと偉大さを感じました。
昨年迄、毎年、このコンサートには車椅子の母がいました。今年はいない。
こみ上げるものを押えて、来年はきっと、この試練が力になり良い年になる、してみせる
という思いでコンサートに参加しました。
とても素敵なコンサートでした。
ボランティアのみなさま、サービス向上委員さん、本当に有難うございました。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-17 16:55 | Comments(0)

ここ2週間は私の苦手な数字の仕事に追い立てられブログをお休みしていました。
今日から再開です。
今週の土曜日にサービス向上委員会主催の病院クリスマスコンサートがあります。
入院されている患者さま、外来患者さまに楽しんでいただけるよう、ボランティアの方
をお招きして、とても素敵なコンサートがあります。
a0239418_13543282.jpg

病院のエントランスホールは天井が高くてコンサートにはぴったりです。
音響もベテランの方が担当していただき、毎年、心が癒される内容になっています。
是非、是非、お時間のある方は、お越し下さい。
a0239418_1355348.jpg

[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-15 13:21 | Comments(0)

病院の秋

病院のエントランスホールの突き当たりが大きな窓になっていて、今はモミジが紅葉してとてもきれいです。赤と緑のグラデーションはみごとです。当院の名勝No.1です。
a0239418_13274432.jpg

a0239418_13282050.jpg

裏の「トトロの神社」が見えますね。
a0239418_1328564.jpg

話しは変わりますが、昨日トライやるウィークの中学生がお礼の手紙を持ってきてくれました。
このくす玉は当院のリハビリで教えてもらった事を実習が終了してから4人で作ったそうです。
a0239418_13164164.jpg

病院での体験が今も繋がっているんですね。とってもうれしいです。
看護部長室で大切に飾らせていただきますね。有難うございました。
[PR]
by mikisanyo-hp | 2011-12-03 13:18 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです