3つの「マ」

今日の安全管理委員会(事故防止委員会とも言います)の司会者の最後の
一言は、とても説得力があり良かった!
忘れないようにとブログにも載せておきます。
司会者の一言と感じたことも加えています。

それは事故につながる時の3つの「マ」についての一言でした。

1つ目の「マ」  本人にとって事故は『まさか』出来事の「マ」です

          ですが、守るべきことを守らなかったために起きたなるべくし
          てなったことかもしれません。 
2つ目の「マ」  『まぁ、これくらいでええわ』の「ま」です。
          中途半端で妥協しまうことです。
3つ目の「マ」  『魔がさす』の「マ」です。
          忙しい時には通常の判断が出来なくなった時に起こります


ここまで十分に納得。
そしてこの3つの「マ」を断ち切るのもキーワードは「マ」なのです。どういうこと?

つまり『間を置く』「マ」なのです。
何か次の仕事をする時に、必ず一呼吸を置いて間を置くことです。
間を置くことにより、危険な因子に気づくことが出来ます。

そうか、本当にそのとおり。納得です。

思わず、司会者さんに拍手してしまいました。
私だけではなく、委員さんたちも拍手です。
『間を置ける』よう意識し、習慣づけるようにしたいですね。
司会者さん、今日は良いお話しを有難うございました。また第2段、聞かせて下さいね
a0239418_18374913.jpg

           

[PR]
by mikisanyo-hp | 2015-07-09 18:50 | Comments(0)

三木山陽病院看護部長のブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30